リレーコラムについて

メロスは駅の下!

石川透

なんのこっちゃ?と思われただろう。
実は3才の息子がここのところ毎朝見ているテレビがある。
「にほんごであそぼ」という、10分間だけの子供番組だ。

KONISHIKIや野村萬斎が出てきて、
子供たちといっしょに日本のポピュラーな詩や俳句や文章の一節を声に出して読む。
たとえば、『雨ニモ負ケズ』、『寿限無寿限無』、『徒然草』・・・。
ただそれだけなのだが、
言葉というものに関心を示しだした息子にはジャストミートしているらしく、
ふだんは見られないような集中力を発揮して注視しているのだ。

その中で、最近、『走れメロス』のコーナーがあった。
もちろん冒頭の「メロスは激怒した。・・・」のところ。
このフレーズが、これまた小さな脳のどこかにジャストミートしたらしい。
しかも不確かなまま・・・。

こうして「メロスは駅の下!」は
息子の口からしばしば発せられるフレーズとなった。

最初に聞いたとき、思わずふきだしてしまった。
と同時に、いいコピーに出会ったときに感じるのとよく似た感覚を覚えたのだ。
そう、思いもよらぬ角度からコトバとコトバがぶつかった、あの感じ。

そういえば、息子の口からは、ほかにも数々の迷コピーが発せられてきた。
たとえば。
駅のホームで。発車時刻を告げる構内アナウンスを真似て。

「プルルルル〜 ドアがしまります。50えんください!」

保育園でならってきたであろう歌。

「だーるまさん、だーるまさん、みだれっこしましょ〜♪」

これは相当なインパクトだった。
以来、数体のだるまがあられもない姿で絡み合っているイメージが
僕の頭から離れなくなった。
(イケナイ、イケナイ。子どもの前でオレはなんてことを・・・)

ともかく。
かつて誰も考えたことのない切り口(?)。
しかも、ウケを狙おうという邪心がないぶん
リクツぬきに強い!
こいつにはもしかしたらオレよりコピーの才能があるのでは・・・。

僕はすっかり面白がって、
何か担当の商品の名前を息子にインプットしておいたら、
そのうちなんかすごく画期的なコピーが生まれるかも?
そんなことまで考えてしまった。

これだから大人はイケナイ。

NO
年月日
名前
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
4967 2020.09.21 中村聖子 新しい生活様式?
  • 年  月から   年  月まで