リレーコラムについて

泥んこバイクで、仕事のウォーミングアップ

田中麻子

体を使っているときは、頭がとても素直に動く。だからスポーツが好き。でも、体を忘れて頭だけを使っていると、頭は突然ややこしくなってむずがる。だから(仕事が嫌い)…うぅ〜ん、そういう面がなくもないわたしは、だからこそスポーツして頭を素直に単純にして、仕事に向かおう習慣になった気がする。

さて、好きなスポーツはバイク、水泳、スキー。最近ごぶさたぎみではあるが、特にオフロードバイクとの付き合いは長い。50CCのモトクロッサーから、250CCのデュアルパーパス車まで8台ほど。といってもメカには当然のごとく弱いし、テクニックも20年近く乗ってるなんて誰にもいえない代物だけど、こんなに楽しいスポーツはない。では、どこが楽しいのかお話します。

1、泥んこ遊びの快感。
オフロードバイクは基本的に、舗装されてない場所をどこでも走る。村興しの一環として開催される耐久レースになると、牧場やスキー場、川原を走る。歩くのにも難儀をするような場所を好んで走るわけだから、当然転ぶ。そこが泥沼なら、転がる一瞬のうちに見事な泥人形ができあがる。あ、イテテと起き上がり、起き上がったとたん、また泥に足をすくわれ転びながらバイクを起こし、走る。大汗かいてこんなことを繰り返していると、体の中はすっからかん。無邪気になる。だから、子どもが転ぶように案外ケガをしないし、理屈の入りこむ余地がない。生身で感じる、感動がある。

おっと、きょうはここに長居してしまった。つづきはまた明日。お会いできるといいな。

NO
年月日
名前
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
4967 2020.09.21 中村聖子 新しい生活様式?
  • 年  月から   年  月まで