リレーコラムについて

あの世への留守録

田中麻子

小山明好さんというコピーライターが、去年の春、この世から
退場された。TCCの会員でもあったからご存知の方も多いと思
うが、この小山さん、子どものようにダダをこねるかと思えば
ガンコじいさんのように哲学をもらす、おしゃれでかっこいい
おじさんだった。歩くワイセツぶつと呼ばれるほど、目つきに
色気があった。クライアントや仕事仲間、部下からの信頼が厚
い一方で、甘えじょうずなところがあり、とても愛される存在
であった。

小山さんのもとで、コピーライターの修業をしていたことがあ
る。9時半に出社して、ビルが閉館になる11時までほとんど机
から動かない缶詰生活だったけれど、小山さんのまわりには、
南向きの縁側でまどろんでいるような雰囲気がただよっていて
(二日酔いのせいもあったっけ)、どんなにそれに救われたか
わからない。

わたしの書いたコピーがろくでもないとき、小山さんは「いい
コピーができないのに、プレゼンの日が来てしまったことがあ
って、でもその朝、電車の中でとつぜん生まれたフレーズが、
ビートルズを聴いて育ちました」…自分のことを話しながら、
もっとねばれ!と無言で迫るのだった。だからわたしはネチネ
チと「カリブの大漁節」、「ハワイ一回、ミンク一生」のよう
な、いまでも好きなコピーを大量生産していた。

おととい、その小山さんが夢にあらわれた。ストーリーは忘れ
てしまったけれど、メッセージだけが残された。「あそこに2
時までに留守録を入れてくれれば、必ず連絡がつく」。そう小
山さんは確かに言った。え、あそこってどこなの? 2時まで
とか留守録とか、みょうにリアルなんだけど1体どういう意味
なの?ねえ、こたえてよ…小山さ〜ん。

NO
年月日
名前
4966 2020.09.18 山内弘基 明日のトラノコ その5
4965 2020.09.17 山内弘基 明日のトラノコ その4
4964 2020.09.16 山内弘基 明日のトラノコ その3
4963 2020.09.15 山内弘基 明日のトラノコ その2
4962 2020.09.14 山内弘基 明日のトラノコ その1
  • 年  月から   年  月まで