リレーコラムについて

2001年パリ

吉沢佳子

ううう。昨日から筋肉痛。朝まず肩の付け根や腕の内側が痛くなって、
だんだん足の方へ回ってきた。おとといのサーキットトレーニングが効いているらしい。走るようになってからはスキーをしてもゴルフしても筋肉痛は起きなくなっていたのに、イタタ・・・太ももの裏とか、身体の横とか、微妙なところが半端でなく痛い。痛すぎて今日もまた書くのが遅れるぅ。

私の2回目のマラソンはベルリン。2000年9月。ツアーで参加。
このときエントリーのやり方がわかったので、
パリマラソン以降は個人参加している。
パリって健康診断書を添付しないと受け付けてくれないの。
ネット登録は不可。
やたら面倒なんだから。
診療所のドクターが「フランス語は勘弁してくれ」と言って
日本語で印刷されたフォームにただ一行“in good health”。手書きで。
パリマラソン事務局も恐れ入ったとみえ、何にも言わずに受け付けた。

さて。
個人で行くと言ったら「僕らも行くー」と3人が。
うち二人は私の口車に乗って走りはじめたご夫妻で初マラソン組。
一人はまだ若いけどベテラン。
シャンゼリゼの小さなホテルに泊まることに。私はここを25年前から定宿(行けば泊まってるというイミ)にしているのだが、何とも好都合なことにスタートラインまで徒歩3分。フィニッシュラインからも歩いて帰れる距離である。

ドサール(dossard・ゼッケン)とTシャツを受け取りに行かなければ。
たいていはオリンピック記念体育館みたいなスポーツ施設が会場だ。
マラソンフェアも同時開催中。
ナイキのブースにランパン・ランシャツのかっこいい2001年モデルが出てたので買っちゃった。関連企業にとっては最大のビジネスチャンス。ランナーにとっても、ほしい情報が集中していて見逃すわけにはいかない。
「あなたのランニングフォーム、チェックします」
看板につられて並ぶと、PCに接続した体重計みたいなものに乗せられた。
重心のかけ具合をまず見るのね。
次にコンベアベルトの上で走って後ろからビデオ撮影。
ビデオを再生しながらフォームを分析してくれる。
自分の後ろ姿を見るのは初めて。
「パ・ド・プロブレム、マダム」 
え? いいの? よかったー。まだ走ってもいないのに完走気分。
この他、似顔絵サービスあり、バナナ、シャンパン、ブリオッシュ、キャンデーサービス。おいしく食べたり飲んだり射的で景品を打ち落としたり。
手提げ袋はパンパンに膨らんでいる。
まるで遊園地。楽しさはマラソンの日に向かってますます盛り上がっていく。

2001年4月8日。パリマラソンは雨だった。
寒くて手袋をして走っても凍えてしまった。
トイレに何回も行きたくなった。
バンセーヌの森で、セーヌ河畔で、ブーローニュの森で、
フランス男はキジを撃ち、フランス女は花を摘む。
とても自然で原始的で素敵な光景。
だが日本女は、仮設トイレの前でひたすら順番を待つのであった・・・。

吉沢佳子の過去のコラム一覧

0599 2002.02.12 バーチャル・チーム
0598 2002.02.08 走撮家
0597 2002.02.07 2001年パリ
0596 2002.02.06 箸が転んで
0595 2002.02.05 走る女
NO
年月日
名前
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
4967 2020.09.21 中村聖子 新しい生活様式?
4966 2020.09.18 山内弘基 明日のトラノコ その5
  • 年  月から   年  月まで