リレーコラムについて

出会い

坂東眞弓

こんにちは。東京はきょうも暑いです。

バレーボールしか知らなかったわたしが、

「何か文章を書いている人たちがいる」

に出会ったのは、23歳。

営業アシスタントとして外回り。

きっちりした服とか、ヒールの靴は面倒くさいなぁ。

なんて山下公園をブラブラ歩いてて、

タクシーの運ちゃんがドライブに連れてってくれたり

1000円くれたり(いま思えばどーして?)

していたそんな頃。

わたしは同じ会社の中に、

G パンにTシャツで仕事をしている人を発見したのでした。

あっちのほうが、面白そうだ。

本屋さんで、「コピー」と名のつく本を買いました。

糸井さんの萬流コピー塾が面白くて、

電車の中で夢中で読んだっけ。

新コピー読本は、当時は読んでも読んでも

意味がわからなくて困りました。

デザインの現場も同じ。

でも、いままで何気なく見ていた広告は、

いろんな人たちが作っていたものだったんだ。

と、ちょっとワクワクしていました。

わたしがGパンとTシャツの生活に突入したのは

それから1年半後のことです。

ああ、体育の先生になるという夢はどこへやら。

ではでは、いちおう仕事中でして、
コワーイ?上司もいますので
このへんで。

またあした、会えたらいいですね。

NO
年月日
名前
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
4988 2020.10.20 神戸海知代 ぐいパンは、愛にあふれてる。
4987 2020.10.19 神戸海知代 世界は、メッセージにあふれてる。
  • 年  月から   年  月まで