リレーコラムについて

隠れ営業志望の男 その4

森田直樹

コピーライターになりたい営業はいるけど、
営業になりたいコピーライターはたぶんいない。
でも、営業的な感覚ってコピーライターに必要だと思う。
ヨイショ感覚、とかの意味じゃなくてね。
理性と狂気を合わせ持つってこと。

営業志望だったわけもあって、一緒に仕事をする営業の人たちのことを
よく観察するし、一緒によく飲みに行ったりする。
これがけっこう面白いんですよ。
現場っぽい、コピーライターよりぜんぜん。
まあいらぬことまで親切にレクチャーしてくれたりもするんですが。
とりあえず、わかりやすい。
単純明解。3秒でわかる。
広告と一緒じゃん、って思う。

僕をひろってくれたあの制作会社には、感謝している。
2年半しかいなかったけど、とりあえずこうして生きてるし。

でもさ、その2年半のボツコピー量は、とんでもなかったよ。
「紙のムダづかいは森林を滅ぼす」とかいう広告がその頃あって、
暗い気分になったことをよく覚えている。

NO
年月日
名前
5009 2020.10.29 古屋彰一 網下着おじさん
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
  • 年  月から   年  月まで