リレーコラムについて

橋本さん。

梅澤俊敬

僕らはお台場での釣りを終え、
駐車場に向かって石畳の小道を歩いていた。
場所は小学校の奥のカップル用公園。
釣り竿を持って歩くのが申し訳ないほど、
ロマンチックな公園である。
僕らは金曜の夜のカップルたちを気づかい、
ただ黙々と歩いていた。
すると、どこか遠くで郷愁を誘う音色がした。
「なんだろう?」
耳を澄ましたが、もう何も聞こえない。
気のせいか、と思いながら歩をすすめる。
右手ではお台場の海をはさんで
フジテレビやデックス東京ビーチなどが
きらびやかな光を放っている。
「あいつとあそこ歩いたっけな」
ちょっとセンチな気分になったとき、
今度はかなりのボリュームでさっきの音が聞こえた。
たて笛である。
春の小川である。
音の発生源を見る。
ハンチング帽に半ズボンを着用したおじさんが、
ソプラノリコーダーを吹いている。
その横には彼が紡ぎだすメロディに身をまかせ、
双眼鏡でお台場を眺めるおばさんがいる。
二人はヒザを使ってタテノリで踊っていた。

帰り道、あれは何だったのだろうと思いながら、
僕は白金のトンネル渋滞に巻き込まれていた。
すると、右側の車線に「橋本商店」と書かれた
白いカローラのバンが並んだ。
なにげなく見ると、
ドライバーは助手席側にカラダをひねり、
口に何かをくわえていた。
たて笛である。
もちろん、頭にはハンチング帽。
薄く開けられた窓から荒城の月が聞こえた。

5日間、ありがとうございました。
掲示板に書き込んでくれた方、
すごくうれしかったです。
さて、次のコラムは僕の上司である森田直樹さんです。
それでは森田さん、よろしくお願いします!

梅澤俊敬の過去のコラム一覧

0474 2001.08.02 橋本さん。
0473 2001.08.02 スピッツ君。
0472 2001.08.02 痛い話。
0471 2001.08.01 恐怖の逆ギレ男
0470 2001.07.30 2ショットチャット
NO
年月日
名前
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
4988 2020.10.20 神戸海知代 ぐいパンは、愛にあふれてる。
4987 2020.10.19 神戸海知代 世界は、メッセージにあふれてる。
  • 年  月から   年  月まで