リレーコラムについて

松嶋菜々子系。

芳谷兼昌

僕は顔も知らない女性と待ち合わせをしていた。
確実にわかっているのは、名前と電話番号だけだ。
彼女が約束の場所に着いたら、
僕のケータイが鳴るコトになっている。

そもそも待ち合わすことになったのは、
友達A男からの電話だった。
「紹介したいコがいる。
 カミさんの友達で26才。
 どちらかというと、
 キレイ系じゃなくてカワイイ系。
 藤原紀香じゃなく松嶋菜々子系らしい」
 
名前、連絡先、
そして「なにもかも会ってからのお楽しみ」、
ちと気になる言葉もついでにもらい電話を切った。

約束の時間2分前。
僕のケータイが鳴った。
振り返ると彼女がいた。
松嶋菜々子?
その上に「どこが?」がつく松嶋菜々子である。
「ニコッ」と笑うA男の顔が脳裏に浮かんだ。
「あのヤロー!」

心とは裏腹に、
ルンルン気分で予約しておいた店に僕たちは向かっていた。
「このコは悪くない。このコに罪はない」
そう自分に暗示をかけていたかもしれない。

うす暗い店内と、
イッキに3杯飲み干した酒のおかげで、
彼女はほんの少しだけ僕のタイプに近づいた。

話を無理やりはずませながら、僕は彼女に質問をした。
「誰に似てるって言われる?」
その答えによって、
A男、A男のカミさんの罪が軽減されるような気がしたのだ。
もし彼女が「松嶋菜々子」と言ったら、
A男夫妻は彼女を尊重したコトになる。

彼女が口を開いた。
「誰だと思う?」
なぜだかカチン!ときた。
「んー?誰やろ?んー?」
せっかくの作り笑いがゆがむ。
「んー?松嶋菜々子?」
彼女は満面の笑みを見せ、
ひとくちワインを飲み答えた。
「やっぱり?」

僕はA男という友達をなくさずにすんだ。

くだらない話しか書けませんが、
どーぞ、お付き合いください。

仲畑広告制作所 芳 谷 兼 昌

  • 年  月から   年  月まで