リレーコラムについて

スキャムとスカム

村田俊平

「スキャム」。広告業界で昨今よく聞く言葉です。
scam、原義は「詐欺」とか「まがいもの」という意味で業界では
「賞狙いの偽広告」、ようは、作ったけど、どこにも発表されてなかったり、
テレビCMと称して深夜に一回放送されただけのものとか、
賞ビデオは立派だけど、その中に虚偽があったりとか、
そういうのが代表的なスキャムだ。

さて、実は、音楽業界にも似た意味の言葉があって、
そちらは「スカム」。もっとも綴りもscumのはずなので
根本的に違うことばなのですが、
(ナパームデスの名曲にあるSCUMも関係しているか?)
なかなかどうして、意外にこちらも「糞」とか「屑」とか
近からずも遠からずな意味なのです。

アンダーグラウンドなバンドかいわいで、
演奏のテクニック度外視、ド下手な演奏力を逆の意味で武器に、
奇をてらったことをやりまくるミュージシャン、
いや、まぁ、大抵そういう奴らはミュージシャンとも呼べないのだけど。
そういう人たちがスカムバンドと呼ばれていました。
何もこのシーンはまったくのアングラなわけでもなく、
たとえば有名なところでは少年ナイフとか、
いや、しかし、少年ナイフをイメージにもたれると、
少し話が違ってくるのですが、ちゃんとしてるから。
さらに例えば、僕の好きなのは、ほぶらきんというバンドで、
これはメンバーに小学生がいたりする。
あとは、「ホワイトマン」という曲を歌う突然段ボールというバンドも好きで仲間とよくワーワー歌ったりしていたものです。

さて、御多分にもれず、僕のやっていたバンドも
このスカムバンドにカテゴライズされていたのですが、
ライブ中に布団を持ち込み就寝しながら歌う、
テントを持ち込みみんなでテントの中で演奏する、
ライブ中に酢飯を作りながら演奏する、ライブ中に湯葉を投げる、
口から噴出したピンポン球によりスネア・ドラムを叩く、
などしていたのですが、ある時を境に僕はこのバンドを脱退します。

それは、ある時のライブハウスのマネージャーの一本の電話でした。
対バン相手が決まったことを告げるその電話、
第一声が「マキタスポーツさんと対バン決定です!」。
その勢いに呼応するかのように僕は、
「マジっすか!?ありがとうございますっっっつ!」と
実に大学生らしい返事をしていたのでした。
ガッツポーズまでしていたかもしれません。

しかし、電話を切り、ガッツポーズをしていたとすれば、
その拳を眺めながら、我に返ってこう思いました。
「両親にお金払ってもらってまで大学院に進んだのは、
マキタスポーツと対バンするためだったのか…?」
かくして、僕は就職活動をし、CM・プランナーになることとなります。
スカムバンドに幸あれ。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで