リレーコラムについて

学校中の泥だんごを壊して回った話。

大石将平

小学校の頃、泥だんごをつくるのが好きでした。

どれだけ丸く、固く、大きくできるか、
6年かけてその技術を磨いていました。

土は、粘土質のものが良く、
雨上がりの日は、水たまりのフチに浮き出てくる、
その土を見つけては、丸めていました。

そして、ある程度の大きさになったら乾燥させます。
2日ほどたつと、中の水分が抜けて、硬い球体の出来上がり。

続いて、表面の磨きの作業に入ります。
砂場の細かい砂を表面にまぶし、
柔らかい布(Tシャツ)で磨きます。

ちなみに、磨きの行程は、繰り返すほど、
美しいお団子になります。

こうして、泥だんごは完成します。

6年間で何個つくったのかは覚えていませんが、
雨が降るたびに、粘土質の土を探していました。

団子の最後は、どうしても思い出せないのですが、
当時の僕は、何かに取り憑かれたかのように、
せっせとお団子を生産していました。

ところが、

ある日、つくるだけでは飽き足らず、
たったひとりである悪の組織を立ち上げました。

自称「だごスパ(おだんごスパイ)」です。

それは、乾燥中という、お団子製作過程における、
もっとも無防備な瞬間を狙って、
誰かがつくっているお団子を割ってまわる秘密結社です。
(心当たりのある皆様、本当にスミマセンでした。)

長年、だんごをつくっている僕には、
どこにお団子が隠してあるか、
手に取るようにわかったのです。

配電盤の蓋を開けたところ。
冬場の使われていないプールの入り口。
体育館の雨樋のなか、などなど。

風通しが良く、人目につかず、
グランドや砂場からそう遠く離れていないところ。
そういった場所は、実はなかなか少ないのです。

こうして壊したお団子は数知れず。

犯行の後を残しておくために、
キレイに真っ二つに割って残しておくのが、
「だごスパ」のやり口でした。

そして、「だごスパ」の存在が知れ渡り、
学校中が大騒ぎ!…ということにはやっぱりならず、
たかだか泥だんごが割れていることに、
大騒ぎするほど、泥団子に夢中な小学生はいませんでした。

そして、「だごスパ」は、人知れず解散していきました。

泥だんご作りにここまで夢中だったのは、
どうやら小学校で僕だけだったみたいでしたが、
世界では泥だんごを究めつづけている人もいるみたいですね。
(気になる方は「泥だんご 世界」で検索してみてください。)

あのとき、泥だんごの道を踏み外さなければ、
こうして、コラムを書くこともなく、
僕もどこかの山奥で泥だんごを
せっせとつくっていたのかもしれません。

あの日、道を踏み外しておいて、良かったです。

さて、次回は、
「本気のカンチョーはしてはいけない」です。
いたずらシリーズは明日で完結です。

引き続き、タメにならない話を、
させていただければと思いますので、
なにも考えたくないときに、
お読みいただければと思います。

明日もよろしくお願い致します。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで