リレーコラムについて

失うものは何もない女

渡邊千佳

最後は…
電通九州に出向したいきさつでもと。

※当方、電通2CRPから電通九州へ、
ただいまお世話になっております。

じぶんは山梨県の、富士山のふもと出身。
山梨県民独特の半回転捻りな「なりあがり気質」や、
外資の代理店でインターンしたときの影響などで、
「東京は若手時代にいるべき場所じゃねえ」と、
めんどくさい根性を出していました。

ですから入社当時の配属地希望は東京以外。
でも結果(生意気への洗礼か)配属先は東京に。

しかし興味はずっと尽きなかったわけです。
他ではどんな風に仕事がまわってるのか、
日本ってほぼ東京以外でできているんですもの、
見てみたいな~と悶々。
いつか地元の仕事をしたいという想いもあり、
ダメもとで支社インターン希望などを出していました。

ダメもとというのは、当時、結婚してたからで。

したらば、

ぷちっと、

離婚しちゃったんです。
……へえぇ…

いま思うと「若かった」の一言なのですが。
当時のわたしは、
糸の切れた凧のようになってました。
(…方々、ご迷惑をおかけしました本当にもう…)

したらば、およそ同時期。
当時2CRP局長(小松洋さん)のもとに
「なんかイキがいいの、いないかな」と
九州出向募集の話が入ったそう。

そして局長は、
たぶんこう
思ったんでしょう。

「(…失うものなど何も無くなった女がいる…!)」

そもそもの地域志望ということもありですね。
直にお話をいただき、
二つ返事で九州行きが決まったのでした。

人生、
なにが起こるか
本当に
分からないです。

10年前、ハタチの自分は、思いもかけなかった。
広告業なんぞ、電通なんぞ、結婚してるなんぞ、離婚してるなんぞ、
九州にいるなんぞ、素晴らしい賞をいただけるなんぞ。

広告クリエイティブを、正面から好きと言えるなんぞ。

ええ。九州に来るまで、
広告のこと本当に好きなのかな~と疑問でした。
現実はいろいろちゃうな〜と。
コピーなんて書けないと思っていましたし。

でも今は、広告が大好きです。
自分を「コピーライターです」と、
やっと自己紹介できる気がします。(震えますが)
それもひとえに、九州のみなさんに、TCCに、
いただいた宝物のおかげです。

もう10年後も、思いがけないかんじになってますように。
(離婚は勘弁ですが。。。)
出し惜しみせず、精進させていただきます!
失うものは何も無いingですし。

では、お次の方ですね。
渡邊のなかで思いがけないNO1、
新人賞同期でありながら、
TCCなんて最近まで知らなかったという巨星。

吉本興業所属「グランジ」の五明拓弥さんです!

Wikipedia貼っちゃう。
グランジ (お笑い)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8_(%E3%81%8A%E7%AC%91%E3%81%84)

まだたいして仲良くないのにごめんなさい。笑
よろしくおねがいします~!

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで