リレーコラムについて

ゾーンのある女

渡邊千佳

「あるある大事典」って覚えてますか。
よく健康ネタを紹介し、
バナナが出ればスーパーからバナナが消える、
社会現象になったあれです。

わたしも大好きで、
毎週見ては何かと実践していたのですが。
ある日のテーマが「ニンニク」

未だわたしも高校生でした。
「(女子高生っぽいニンニクの食べ方とは…)」
と思春期なりに考え、乾燥ニンニクを揚げ、
学校でポリポリとポテチのように食べていたのですね。
苦肉でもない策です。

そして。
『驚異のニンニクパワー』の番組テロップに、
嘘、偽り、無く。
肌の調子は陶器のよう、気力があふれ、
寝覚め最高、集中力も妙に続く。
精神が、いわば絶倫状態。

…しかしまあ、想像だに容易いのですが。

自分の半径一メートルが、
ニンニクゾーンとなりました。

友人曰く「ATフィールド」(エヴァが流行っていた)

数学の先生へ質問に行くと嫌な顔するし、
友達も失くしてしまうので、
ニンニク生活は泣く泣くやめました。

でもあの時の感覚は、忘れがたい…。
国家総ニンニク法という法律をつくって、
赤信号みんなで渡れば怖くない状態で
気にせずニンニクパワーを得られるようになったら。
GDPも出生率も上がると思う。
そうか、出馬するなら、公約はニンニクか…。
ニンニク党、党ロゴはニンニク、マスコットもニンニク…、
…あ!臭議員!

…すみません、思考にいつも集中力がありません。
(ニンニク食べようかな)

NO
年月日
名前
4613 2019.02.20 北田有一 平成最後、の謎が解けた説
4612 2019.02.12 北田有一 話題はそんなに話題じゃない説
4611 2019.01.25 藤田卓也 若手大賞で感じた若い世代の感覚
4610 2019.01.24 藤田卓也 買ってよかったもの2018
4609 2019.01.23 藤田卓也 書を捨てよ、町へ出よう。そして捕まえよう
  • 年  月から   年  月まで