リレーコラムについて

先生オレ、もっこすしちゃったよ

湯治健富

最終日です。

一週間、いかがだったでしょうか?

初リレーコラムだったので、自己紹介がわりに、
一生分の「湯治」を読んでいただいた気がします。
もうお腹いっぱいですか?
というか、嫌になりましたか(苦笑)?

でも、これで「うじ」とか「湯地」とか、
まちがわれることも減るんじゃないでしょうか。
少なくとも、「ユジケン」はないと思います。

まぁ、そもそも、僕がもっとメジャーになればいいんですよね。

「ほら、あのCMで、全米を泣かせた湯治さんだ」

「あ、流行語大賞になったコピーを書いた湯治って人だ」

「いま、女優の○○と噂になってる湯治だ」

妄想ですね。完全に。(とくに3つ目)
小物キャラのぼくにそんな器があるとは思えません。

むしろ、

「公園で全裸になってた湯治だ」

うん。

書いてみたら、こっちの方が、現実味ある気がしました(笑)。
なんなら、今すぐにでも実現できそうです(しませんよ)。

でも。

冗談抜きで、もっとメジャーにならないと。

TCC新人賞もギリギリで入りましたし、
言ってみれば、“最低新人賞”です。
(代表作品も含めて、他の作品も、ある意味“最低”です)
(苗字の「湯治」が、五十音で後ろのせいってこともありますけど)
つまり、喜びより、危機感のほうが、いっぱいなんですね。

「おまえは、もっと気が狂うくらい考えたほうがいい」

以前、会社の上司である清水清春さんに言われましたが、
まさにその通りです。
レベルアップするためには、
気が狂うくらい考えよう。
自分を追い込みながら、考えよう。

そして、狂いすぎて、公園で全裸になろう(ちがう)

いい話なんだか、ダメな話なんだか、中途半端になってきました。

ここら辺で、つぎにバトンがわたるリレー走者を紹介します。
ぼくと同じく、今年TCC新人賞をとった、
BBDO J WESTの「眞鍋海里」くんです。

ぼくが福岡を離れたあとに、BBDO J WESTに入って、
なんかいつのまにか“超メジャー”になってました。

さすがに、コラムで名前をネタにしなくていいと思いますので、
面白くて、ためになって、狂ってる話を書いてくれると思います。

眞鍋くん、よろしくね。

それと、最後にいつものです(笑)。
明日11日の「TCC広告賞展2015・行動展示」では、
13:00から14:30にぼくが展示されます。

http://www.admt.jp/exhibition/program/2015_tcc2015.html

「この一週間、ずっと「湯治」を読ませやがって」というクレームや
「他に“ユジネタ”ないの?」というアンコールがあれば、ぜひお越しを。

ま、後者はないか・・・。

湯治 健富(ユジ ケントミ)

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで