リレーコラムについて

帰ってきたゲッハーコラムその15

川口修

おはようございます。

いよいよ、僕のリレーコラムも今日でおしまい。
読んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。

では、次なるリレーコラムのバトンを、
僕のデスクの前に座っている後輩に渡したいと思います。

今年、TCC新人賞を受賞した電通西日本神戸支社の
「湯治 健富(ユジ ケントミ)」君です。

湯治君が広島支社から神戸支社に転勤してから、
絶対とろう!と新人賞への挑戦を応援してきました。

でも一次通過はするものの、なかなか受賞はならず。

それでも毎年、彼はあきらめずに、会社の会議室に
こもっては、ストイックにコピーを書き続けました。

そのがんばりが、ようやく報われて、
僕はほんとに、うれしかったです。

喜びのあまり、軽く尿漏れしたのを
今でもアテントのように覚えています。

今回、受賞した城山さんのポスターについても、
僕はまったくノータッチ。

すごく下ネタのコピーが1本あって、それを
新人賞にエントリーしようか相談を受けたので
「それは出さんほうがええんちゃう」と
アドバイスしただけです。

自力でとった、新人賞。えらい、えらい!!と思います。

この後も、きっと湯治君の後輩である北君が、
そのタフな精神を受け継いでくれることでしょう。

というわけで、そろそろエンディング。

来週からは熊本県出身・湯治君による爆笑コラム、
「先生オレ、もっこすしちゃいそうだ」が始まります。

笑いすぎてしまうので、決して電車の中では
読まないでください。
確実に危ない人だと思われてしまいます。

と、最後にハードルをガンガン!に上げまして。

帰ってきたゲッハーコラム、終わりです。

(湯治、初めてのリレーコラム、がんばってね〜!!)

ひどい先輩 チャッピィ

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで