リレーコラムについて

会いに行けるおしごと

村山覚

きのうのコラムで
「お仕事発注、お待ちしております!」なんて
書いてしまったけど待っていちゃだめなんだよ、俺よ。

とにかくフットワークが軽いコピーライター、
阿部広太郎がアドタイで似たようなことを書いていた。

「待っていても、はじまらない。」

待っていても、はじまらない。

3ヶ月ぶりに読み直したら、
“好きなものや、信じるものを、応援できないか”
というテーマが、自分ととても近いなぁと感じた。

あべこうのクリープハイプ仕事はCuriosity driven。
好きから生まれた言葉は強い。

ソーシャルメディアやデジタルツールによって
昔より格段にアポが取りやすくなった。
アイドルにかぎらず、知らない人や有名人に
「会いに行ける」チャンスは増えている。

ネットワーク → フットワーク → チームワーク

お、これいいんじゃないの?と思ってググったら
16,000件もあった……

報道の世界には、夜討ち朝駆けという言葉があるが、
コピーライターも、もっと討ったり駆けたりしていい。
しないと何も、はじまらない。

人のせいや環境のせいにしている暇があったら、
フットワークで景色を変えたらいいんだ。

NO
年月日
名前
5695 2024.05.20 諸橋秀明 コピーライターの未来について
5694 2024.05.09 諸橋秀明 新しいは、あらたしい
5693 2024.05.07 諸橋秀明 君の名前で僕を呼んで
5692 2024.04.21 長谷川輝波 言葉オブザイヤー@ヘラルボニー
5691 2024.04.20 長谷川輝波 言葉オブザイヤー@韓国の街中
  • 年  月から   年  月まで