リレーコラムについて

コピーライターと局内転職

林まり子

ガラスの階段は上りよりも下りるほうが恐怖だ。

いまから15年以上は前でしょうか・・
TVのドキュメンタリーの中で
作家の林真理子さんが話していました。
女性の社会進出がテーマでした。

こどもの小学校1年生進学を前に、
私はガラスの階段をおりるべく
コピーライターを辞める決心をしました。

社内をひそかに営業して次の異動先を探しました。
なんとなくあたりをつけて上司にうちあけました。
「コピーライターを辞めようと思う。異動したいんです。」
1年前のことです。

上司は、私の気持ちをよくわかってくれました。
そのうえで、こう言ってくれました。

「このままCRに残って、人材開発の仕事を手伝ってみない?」

守秘義務もありますので多くはかけませんが
人材開発とはCR局員が100%のチカラを出せるように
サポートしていく仕事です。
スキルをどうあげるかは、もちろん
私生活の相談にものったりします。

CR局員すべての会社人生をサポートするわけで
コピーライターとは別の種類の責任があります。
小1の壁にむかう私にできるのだろうか・・。
不安な気持ちがわきあがる反面
やったほうがいいというカンが働きました。

こういうときの女の直感は意外とあたります。
やってみたら、大変だけど面白かったのです。
世の中を動かしたり、賞をとったり、
コピーライターの仕事はやりがいのあるものでしたが、
それよりも、目の前にいる「この人」の役にたてるという
仕事のほうが私に向いていたようです。

たぶん、人が好きなんでしょうね。
そして、母親体質といいますか。

人材開発の仕事を通じて
ようやく訪れた心穏やかな時間・・
と思ったら、また事件です。

上司に呼ばれました。
「私、人事異動するので、後を継いで部長にならない?」

まじすか!?
私、学童保育に18時30に子どもを迎えにいく毎日ですが
部長ですか?!
硬直・・・・

そのつづきは、あした。

NO
年月日
名前
4613 2019.02.20 北田有一 平成最後、の謎が解けた説
4612 2019.02.12 北田有一 話題はそんなに話題じゃない説
4611 2019.01.25 藤田卓也 若手大賞で感じた若い世代の感覚
4610 2019.01.24 藤田卓也 買ってよかったもの2018
4609 2019.01.23 藤田卓也 書を捨てよ、町へ出よう。そして捕まえよう
  • 年  月から   年  月まで