リレーコラムについて

広告

鈴木晋太郎

最後なので、広告の話をします。

広告が好きです。
たぶん業界関係者の中でも、
広告好きなほうだと思います。

このご時世、広告好きとか言ってると、
若いのに考え方が古いね、残念だね、
もう広告じゃないんだよ、
おつかれさま、サヨナラ、元気でね。
みたいな風潮がありますが、
うるせえ、と。
好きなんだよ、と。

実際、そんな逆風の中、
おもしろい広告が減ってる気がするので、
一制作者としてがんばらなきゃなと思っています。
覚悟しとけよ、新しい人たち(古い人たちも)。

と、そんな暑苦しい話はさておき。

生活者として広告に触れるときは、
佇まいが独特な広告に惹かれます。

わかりやすいところで言うと、
みすず学苑とか、湘南美容外科クリニックとか、
ザ・リーヴとか、ホームメイトとか。

基本ローカル系が多いのですが、
赤井英和がデカくなるアリさんマークとか、
八千草薫が数え唄を口ずさむ皇潤なんかも、範疇です。

これらの極度にオリジナリティの高い広告を、
リスペクトを込めて「天然広告」と勝手に呼んで、
愛でています。

広告も今や、そうやってメタ的に楽しまれる
コンテンツになってきている気がして。

で。そんな天然広告の1つで、独創性が高すぎて、
未だに理解できていないものがあります。

それは、「飲んでチョーオフカロ」という商品の
電車のドアステッカー広告で、
もつ鍋かなにかのビジュアルに、

 カロリーなんか恵比寿

というキャッチコピーがのっているものです。

いかにも何かにかかっている風を装いながら、
何にかかっているのか、見当がつかない。
歯に詰まって取れないネギのようなコピー。
しかもこのコピーは、

 カロリーなんか新宿、カロリーなんか秋葉原…

と、展開されていくんです。これ、どういうことなのでしょう。

この広告に携わられた方、経緯をご存知の方がいましたら、
一度お話を伺いたいなぁと思い、ここに書かせて頂きました。

——————————————————-

以上、鈴木晋太郎のコラムでした。
あんまり面白くなかったですね。ごめんなさい。

来週は、TCC新人賞同期&宣伝会議谷山クラス同期の竹田芳幸くんです。
「リレーコラムが回ってきたら、ボクに回して!」と
臆せず積極的にパスを要求するメンタリティは、
これからの日本に不可欠だと思います。
では、竹田くん、よろしくお願いします。

鈴木晋太郎の過去のコラム一覧

3754 2014.11.07 広告
3753 2014.11.06 水族館
3752 2014.11.05 清掃員
3751 2014.11.04 訂正
NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで