リレーコラムについて

サードウェーブ

福田宏幸

コーヒー会社の仕事をしていることもあって、
「パリで一番美味しいコーヒーが飲める」という、
青山の「COUTUME(クチューム)」というカフェに行きました。

コーヒーには、サードウェーブという新しいトレンドがあるそうで、
豆本来の味わいを活かして、丁寧にドリップしてくれるという
スタイルなんだそうです。

で、こちらのクチュームも、そういう店なのですが、
まず、メニューを見ると、30秒ぐらい思考停止状態になります。

V60?スチームパンク?なんだそりゃ?

しかも聞いてみると、V60というのが、
いわゆるハンドドリップだというのですから驚きです。
そんなの絶対にわかりません。

でも、コピーライターの僕は、ひょっとして、秋山晶さんが
ネーミングにかかわっているのかと思いました。仮に、

「サラダは、スチームパンクだ。」

というキューピーのコピーがあっても、全く違和感がないからです。

で、V60を選ぶと、次は、豆の選択。
8種類ぐらいある豆に、それぞれ100文字ぐらいの説明が
書いてあり、そこから選ぶのです。僕が選んだのは、
リゼルバという豆で、説明には、

カカオパウダーの香り、メロンの華やかさ、はちみつがそっと追いかける。

みたいなことが書いてありました。
コピーライターの僕は、また気になったので、コピーにしてみました。

「カカオパウダーの香り、メロンの華やかさ、はちみつがそっと追いかけた。

-----サラダは、スチームパンクだ。」

はい。秋山晶さん、確定。
注文したのはスチームパンクじゃなくて、V60ですが、
そんなことは、もうどうでもいいでしょう。

ひょっとすると、リゼルバもそうかと思い、キャッチコピーにしました。

「都市とマヨネーズのリゼルヴァ。

カカオパウダーの香り、メロンの華やかさ、はちみつがそっと追いかけた。

-----サラダは、スチームパンクだ。」

声に出して読みたいぐらいのコピーです。

そして、さらに、RESELVA(リゼルバ)が、RESERVEのポルトガル語だそうで、
サントリーのリザーブのグラスを片手に、万年筆を走らせる姿が、
目に浮かんできました。

ごめんなさい。
本当は、店員さんが、「V60(ブイシックスティー)」を「ブイシックスですね」
と大きな声で間違えたのが、面白かったという話だったのですが、
悪ふざけに走ってしまいました。サードウェーブだけに、3度も。

そういえば、コーヒーとコピーって、似てますね。

と、書いていたら、韓国語でコーヒーは、コピというらしいと教えられました。奇跡ですね。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで