リレーコラムについて

石田純一にはなれないはなし

岡田文章

僕は、石田純一さんにはなれない。
極端に冷え性なのだ。さらにややこしいのは、汗っかきでもあるということ。
連日の猛暑、ファッションを外気に合わせるか、室温に合わせるか、実に悩ましい。

人間は単純なもんで、直近の、「今そこにある危機」に合わせてしまいがちで、
室内で過ごす時間が多いのにもかかわらず、
「駅までの汗だく」を嫌い、薄着で出てしまう。スニーカーソックスを履いてしまう。

なんとかなるだろうと、たかをくくるわけだが、くくった自分を柱にくくりつけてジワジワ痛ぶりたくなるくらい、後悔する。

寒い。
寒い。
とにかく、寒い。
電車がいきなり寒い。
コーヒーショップが寒い。
編集室が寒い。

そしていま、この瞬間的には、そっちからぶつかっておきながら睨んできた女性が、憎い。
憎々しい。

その点、石田さんは、スニーカーソックスどころか裸足で革靴を履き、ま、そんな怒り顔も素敵だよなどと優しく微笑んでみせるのだろう。

僕は、石田純一にはなれない。

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで