リレーコラムについて

女と耳血と鼻セレブ

中川真仁

最初の師でもある弊社の生駒さんからバトンを
引き継ぎました、大広の中川でございます。
前回書いたのが2009年の10月ですので、
3年半ぶりです。よろしくどうぞ。

つねづね思うことですが、
「周りで起こっていることに、気づけるか」
って結構大事だなと。

ちょうど4年ほど前、東京へ転勤する自分の
送別会の帰り道。

夜11時くらいから、かれこれ3時間は泣いていたであろう
会社の後輩(女)を、家まで送り届けた後。

大阪の四ツ橋筋を歩いていると、逆側の歩道から
衝撃音と悲鳴が。

SE:ガシャーン
女:きゃー!…  いたーい! えーんえーんえーん

おいおい。 若い女性の悲鳴ではないか。
かなりベロベロに酔っていた私は、0%の下心と一緒に
駆けつけました。

SE:車道の雰囲気
俺:大丈夫?
女:いたい いたい いたーい えーん

おやまあ、シュットしたお姉さん。
どうやら自転車でこけて、ショーウインドウに
頭を強打したみたい。
ん…血?耳から血出てるやん。いわゆる耳血やん。
あかんヤツやん。ちょっと引く。

俺:血でてるでジブン。
女:うそー (血を見て) いやー! 血出てる!
俺:それ俺ゆーたやつや

ここで、さきほど何時間も女の後輩(泥酔)の
涙と鼻水を拭いていた最後の鼻セレブ(ポケットティッシュ)
を 一袋取り出し、血を拭く作業に。

鼻セレブで耳血を拭く。 ネピアもびっくり。

俺:血ふいたで。 あーちょっと切れてるわー
女:(急に毅然とした態度) もう大丈夫です!
俺:家どこなん? 帰れんの?
女:大丈夫です!

耳から血を流す女子に警戒される私。

俺:ほんまか、じゃ、帰るわ。
女:そこまで送ります。
俺:いや、えーよ別に
女:いや送ります。
俺:えーよ、じゃあ俺が送るわ。
女:大丈夫です! (毅然とした態度)

という不毛なやりとりの後、 その女性、感極まって
自転車をいったん止め、 少し顔に血をつけながら
両手を大きく広げました。(イメージ画像参照)

ハグ。2,3回ハグ。 知らん女性とハグ。
耳から血を流してる女性とハグ。
下心2%のハグ。

女:なんかねー、 人が困ってても
  無視する人が多いのに、 ありがとうね。

お礼をハグで表現されたみたいです。
青信号になって、その女性は
ふらふらとしながら自転車で帰って行きました。
僕の手には、赤い斑点が付いた鼻セレブだけが
残されていました。

その赤い斑点をよく見ると、
電話番号だったというオチかな
と思いましたが、ぜんぜん違いました。
ただの耳血でした。
—————————————————————————
というわけで、毒にも薬にもならんコラム
あと4日おつきあいください。

ご意見ご感想、苦情、共感、「それは私です!」等は 
masahito.nakagawa@daiko.co.jpまで。

今週はTCCの締め切りですよ!

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで