リレーコラムについて

あれから15年。

今江有希

いよいよ本日がラストのコラムになりました。今江です。
締切がないと動けない性格なので、良い機会になりました。
TCC会員はいまや約900人(世界最大のコピーライター集団!)ですから、次にリレーコラムがまわってくるのは、
いったい何年後になるかな?

私がTCCに入会したのは、1998年でした。
TCCでは毎年、その年に入会した新人のための
歓迎会があるのですが、その時に新人みんなで
同期会の名前を付けるのが伝統になっています。
私たちのときにも、いろんな案が出ていたけど
結局、会場にいたバドガールの名前から「有美の会」に。
(当時はクラブハウスがなく、毎年違うお店でやっていました。
今はバドガは来ないけど、時間を気にせず
コピーライター同士のアツいトークができます)

私たちの年の新人歓迎会にも、
たくさんのTCCの先輩方が来てくださいました。
秋山晶さんが「新人賞おめでとう。君たちはスタンダードだ!」と、お祝いの言葉を言ってくださったのが、
ずっと心に残っております。
あとは、岡康道さんのあまりのカッコよさにびっくりしました。
地味な仕事をコツコツやってきたフリーの
コピーライターにとって、TCCに入会したことで、
新しい世界が広がったように感じた一日でした。
当時はTCC同期も大半が独身だったので、ノリが良く
みんなで屋形船を借りて遊んだり、よく集まってたなあ。
あれから15年(早っ!)、結婚して子供ができた人も
大勢いるし、独立したり、転職したりで
みんな忙しいだろうけど、また集まりたいね。

いま私は東京大広で働いていますが、そのきっかけの
第一歩をつくってくれたのが、同期入会の生駒達也さんです。「フリーでやってるみたいだし、一度うちの会社に
遊びにきませんか」と声をかけてくれて。
その後、生駒さんの上司から仕事を
依頼してもらったことが大広との縁のはじまり。
いま、その大広に所属しているのも、不思議な感じです。
というわけで、大阪大広の、有美の会の生駒達也さんに
バトンをつなぎたいと思います!
やさしい笑顔のナイスガイです。来週お願いします!

  • 年  月から   年  月まで