リレーコラムについて

超!ゲッハーコラムその6

川口修

(まだ夜やけど)
おはようございます!

突然ですが、
たまに「光ファイバー?」って思うほど、
鼻毛が出てる人いますよね?

というわけで、
松山支社の板東くんからバトンを頂戴しました
電通西日本神戸支社の川口修、長髪の40歳です。

久しぶりです、リレーコラム!

2009年のムネ製薬・コトブキ浣腸ひとおしの雑誌広告で
新人賞をいただいた後に、書かせていただいて以来です。

今回は「電通西日本WEEK~第3弾~」ということで、
ほぼ下ネタ担当になりそうな予感もしますが、何卒
おおらかな気持ちで最後までお付き合いください!

今日は初日ということもあって、ちょっとマジメに
コピーのことを書きたいなと思います。

僕は、浣腸のコピーも他の仕事もそうなんですが、
数を書くことを、とても大切に考えています。

中には、ある程度のキャリアを積んだら、
数本だけ書いて、そのうちから一番いいものを
1本選ぶべきという考えの方もいると思いますが。

僕は、たくさん書くことを「コピーへの恩返し」だと
勝手に思うことにしています。

ほら、考えてみてください。

今までの人生にとって、コピーがどれだけの
幸せや喜びをプレゼントしてくれたのかを。

今の会社で働けていることも、呑んで笑ってる時間も、
妻も、子供も、上司も、部下も、家も、車も、服も、
授賞式で会う仲間との出会いも。

これよく考えたら、みんなみんなコピー(コピーくん)が
僕にくれた贈り物なんじゃないかと、マジで思うわけです。

コピーくんは数を書けば書くほど、喜んでくれると
頭の中で勝手にイメージをしていて。

だから、コピーくんに恩返しをするつもりで、
たくさんのキャッチを考えるようにしています。

って、誰かが言うてました…。

また明日!

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで