リレーコラムについて

コピーライターの楽しみ方 1

このコラムを読んでいる方には
いろんな方がいると思いますが、
その中でも今日は、コピーライターにでもなろうかな?
と思っている大学生にお届けしようと思います。

「コピーライターのやりがいって何ですか?」
昔、OB訪問で
コピーライターに興味のある大学生に質問されたことがありました。
そのとき僕は、
「僕の書いた言葉で、人の心が動く時かな?」
な〜んてカッコ付けたこと言っちゃいましたが、

ウソです。

ごめんなさい。

まぁ、正確には半分ウソなんですが。
というか、人の心が動く瞬間には滅多に立ち会えませんし、
なかなか見えるものではありません。
でも、そんな貴重な瞬間に立ち会えれば、
それはそれはうれしいですよ?
でも、ホントに数少ない体験なのです。

じゃぁ、
日頃体験できるコピーライターのやりがいとは?
それは、、、

R・A・D・I・O、
ラジオ!

広告業界は、
TVCM撮影などでのタレントとの華々しい仕事を想像されがちですが、
TVCM撮影のときのコピーライターの肩身の狭さと言ったら、
そりゃ想像を絶する狭さですよ。
だって言葉や台詞なんて、撮影の前にほとんど決まってますし、
タレントへのコンテ説明は、
クリエイティブディレクターかCMプランナーか監督がやっちゃいますし、
出番なんて、ちょっと台詞を短くするときしかないですし。
タレントと会話するなんて、到底無理ですし!
関係者の多いTVCM撮影で、
下っ端コピーライターが主導権を握ることは無理に等しい。
じゃぁ、
関係者が少なく、
コピーライターの独壇場の舞台は何処なのか?
そう、それがR・A・D・I・O、
ラジオなのです!

基本、
ラジオの収録現場には、
CMプランナーはいません。
演出(監督)もいません。
しかもクリエイティブディレクターは、
お任せするよってスタンス!

フフフフフッ

演出、
やってやろうじゃないですか、コピーライターが!

原稿を書くのも、コピーライター。
演出をするのも、コピーライター。
タレントに一番近いのも、コピーライター(笑)
そう、それがR・A・D・I・O、
ラジオなのです!

ですが、現在、
年々ラジオCMが減ってきています。
そもそもラジオを聞く人も減っています。
大学生なんかは、聞いたことないって人も
いるんじゃないでしょうか?
コピーライターを目指すなら、
ラジオを聞いて、ラジオCMを研究するのも
近道かもしれません!

がんばれ、未来のコピーライター!!

それでは、また次回。

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで