リレーコラムについて

ボラ話⑤ また行くの?ボランティア

村田圭誉

「また行くの?」「また行ったの?」と、よく言われる。
宮城に10回行って、25日活動。この数字が少ないとは思わない。
でも、多いとも思わない。もっと多く行っている人はザラにいる。
ほぼ毎週末、東京や埼玉から駆けつけるツワモノもいる。
そんな人たちに比べたら……。まあ、比べなくていいんだけどね。
ボランティアは競うものじゃない。自分のペースで行ける時に行けばいい。

行くと、たくさんの人との出会いがある。被災された方の話を聞くことも、
全国各地のボランティアと仲良くなることもできる。
それに、いろいろな体験ができる。力もいらないし、そんなに汚れない活動も。
山元町の場合は、イチゴが復興のシンボル。そのイチゴ畑でのお手伝い。
夏、雑草と泥だらけだった畑に、秋、ビニールハウスを建てることが
できた時は、感動的。「クリスマスケーキを飾るイチゴの苗を、
これから植える」と言っていた、農家の方の笑顔は忘れられない。

1月の朝日新聞に「ボランティア ピーク時の10分の1に激減」という記事が
載っていた。実際、ボランティアは少ない。いまだにガレキを片づけ、
床下の泥を出している。10カ月も前の、ガレキや泥をだ。

では、本日、また行ってきます。
冗談? いえいえ、ホント。
行ける時は行かなきゃ。

来週のコラムは、同期の後藤エミさんです。
猫のこと? お酒のこと? それとも被災地へ行った時のこと?
後藤さん、何を書くのか楽しみです。

  • 年  月から   年  月まで