リレーコラムについて

今日のストレスを明日に残さない。

竹内好美

コピーライターにありがちな、「頑張る系」の問題は、やりすぎてしまうことです。

広告制作という仕事の特性ですね。
プレゼン前や制作中は、寝る間も惜しんで仕事をしなければならない。
今日やらなければ、明日では間に合わない。
負けるか勝つか。百点か零点しかない。
競合が三日徹夜なら、こっちは五日徹夜する。

「これが終われば、休めるのだ」という思いで、一気集中の仕事をします。
当然ストレスが溜りますが、そんなことより、迫り来るプレゼンが最重要課題です。
とにかく、これを乗り切るためだけにシャニムニ働きます。

やっとプレゼンがすんで、
「終わった。終わった。ゆっくり休もう」
すべてから解放されて、仕事が休めたとしても、ストレスはそう簡単には解消できません。

昼過ぎまでベッドに入ってうだうだ過しても、疲れが取れていない。
なにもしないで一日過しても、頭がボーッとしている。
せっかくの休みなのに、スポーツジムへも映画へも行きたくない。

ドカンと働き、まとめて休む。

「頑張る系」のやり方では、残念ながら、ストレスは全然取れません。

生活リズムが健全に整っていない休息は、ストレスケアのための休息にはならないのです。
働き過ぎて身体を追い込み、しかも、疲れの取れない休息で、返って自律神経のバランスを崩してしまいます。

実は、これが「頑張る系」の人たちの、うつ病への最短コースです。
心身ともにタフで通してきた人が、一気に落ち込んで、病気になってしまう。
周りを見渡すと結構いそう。コピーライターにありがちなうつ病ではないでしょうか。

毎日の生活の中で、こまめにストレスケアをし、今日のストレスを明日に残さない。
ストレスを溜め込まない生き方を心がけたいものです。

NO
年月日
名前
5085 2021.03.05 牧野圭太 お詫び。
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
  • 年  月から   年  月まで