リレーコラムについて

東日本大震災とサバイバーギルティ。

竹内好美

3年前からコピーライターとカウンセラーという二足の草鞋を履きはじめました。
最近は、カウンセラーの草鞋の方が、履き心地がよくなりつつあります。

3月に起きた東日本大震災は、カウンセラーサイドの私に、
さまざまなことを教えてくれました。

「スピッツ・草野、急性ストレス障害で3週間療養 全国ツアー4公演見送り」

この記事を目にしたとき、思ったことは、「ああ、やっぱり草野さん」。

スピッツの曲の歌詞の繊細さ、もろさ。メロディーの美しさ、はかなさ。
曲の印象そのままに、草野さんという方は、格納容器なしで、
傷つきやすい感性を持ち歩いているような人だと思っていました。

津波被害の甚大さ、亡くなった人に寄せる悲嘆、福島第一原発への不安。
すべてを、フィルターなしでストレートに受け取ってしまうのでしょう。
すると、自分の日常がとても不安定なものに思えてくる。
TVに映る人々は、こんなに苦しい生活を強いられているのに、
自分が安穏と生きていていいのだろうかとも思ってしまう。
生きのびたことへの罪悪感を強く感じてしまいます。

大震災以来、過度なストレスを受けた草野さんは、心の緊張を解くことができず、
ひどく落ち込んで、パニック障害のような状態になってしまったのでしょう。
音楽活動を続けられなくなってしまいました。

草野さんほど繊細ではありませんが、私も4月半ばくらいまでは、かなり近い状態でした。
なにをやっても空しく、半年先、一年先のことがまったく考えられなくなっていました。

これ、「サバイバーギルティ」と言います。
生きのびたことへの罪悪感から、身体も心も変調を来してしまいます。

日本中のすべての人が目に見えないストレスを抱え込んでいます。
身近な人を亡くした場合は、立ち直りはさらに遅れます。

  • 年  月から   年  月まで