リレーコラムについて

住宅地に、沼

尾形真理子

霧のような細かい雨が降る夜、家までの道を歩いていた。
駅から離れるにつれ、人影もまばらで、淋しくなってくる。
住宅地を抜け、もうすぐで家という至近距離まで来たとき、
あたりから突然「沼のような匂い」がした。

「沼のような」というより、
「ここは沼」というほど強烈な匂いで、
池でも、湖でもない、特有の生臭さを帯びた空気が漂う。
流れのない水。水を吸った土。ぬかるみの生き物。うっそうと茂る草。
住宅街の中に、そうそう沼なんてあるわけないのに。
家に近づくにつれ、どんどん沼に近づいているようだった。

「ぅわぁぁーーーーーーー!!!!!!!」
女の叫び声が、暗がりに響き渡る。
犯人は、わたし。原因は、蛙。
雨につられて道路に出てきた蛙が、仰向けに倒れていた。
内蔵が飛び散っている様子からは、クルマにでも轢かれたのだろう。
その一片をあやうく踏みそうになってはじめて、
わたしは蛙の存在にようやく気がついたのだ。

「沼」の原因も、この蛙だったのだ。
蛙の血肉を育んだであろう、飲んだ水、食べたもの、吸っていた空気。
それらが混じり合った匂いが、道路一面を覆っていた。
アスファルトの上に、完璧な沼を作り上げていた。
まじまじと見る気にはなれなかったけど、ひとしきり驚いた後、
「すごいな、蛙」という、尊敬する気持ちが湧いてきた。
わたしだって、そんなコピーを書いてみたいと思ったのだ。

蛙の匂いは、「蛙」ではなく、出自である「沼」を再現していた。
コピーから伝わることが、書いてある以上の生業や情景や感情。
1本のコピーをトリガーに、そんなことまで自然と頭に描かんだら、
言葉になりきらない価値が伝わってくるコピーになるのかも・・・。
そんなコピーを書いてみたい!

蛙の冥福を静かに祈り、わたしは家の鍵を開けた。
わたしがもし蛙と同じ状態で倒れていたら、
あの道はどんな匂いに包まれるのだろう? どんな世界が広がるのかしら?
そんなことも考えてみたけど、まったく想像もつかなかった。

来週は、資生堂の小幡観さんです。
数年前から仕事をご一緒させていただいてますが、
小幡さん独自のユニークな視点と感覚にびっくりすることばかり。
どんなコラムか想像もつかない・・・。

NO
年月日
名前
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
  • 年  月から   年  月まで