リレーコラムについて

出産前夜

原田睦子

本日出産予定日なので、こんなタイトルにしてみましたが。
おなかの赤ちゃんは今も元気に動いていて、まだ出てくる気はなさそうです。

せっかくこんなタイミングなので、胎動について書いてみることにします。胎動と
いうのは、いわゆる「あ、蹴った…」という、おなかの中で感じる赤ちゃんの動き。
私の身長154センチに対し、現在ウエスト102センチのおなかの中で繰り広げ
られている胎動は、「あ、蹴った」なんてもんじゃなくなっています。
 おなかの左はじから、右はじにかけて25センチ以上を赤ちゃんの踵が服の上か
ら見てわかるほど尖った状態でムニ〜っと移動したり、もうひとつの踵が別方向に
動きだして楽しんごの「新羽田国際空港!」状態に中でなっていたり。
 活造りの魚が断末魔でビチビチッとする感じの動きもあって、そんな時はおなか
の中でおしっこをしているんだとか。 私がお風呂に入った際の急な温度変化で、
しゃっくりをしているときも。なんとも「生きてるぜえ〜」とアピールしている様
子があって、おなかの中が愛おしくなるわけです。

胎動を感じるまでは、なんとなく赤ちゃんは自分の体の一部という感覚だったのが、
まったく自分でコントロールできない動きが体内で起きてしまうと、「自分とは別
の個性がなかにいる」という認識に変わり、ちゃんと食べて育てなきゃな〜とか、
まともな人間にしなきゃな〜とか、思考が母親になっていく。胎動がもたらす変化
は結構あるのですが、いまひとつそれを体験できずさびしい思いをしている夫に、
重さだけでも味わってもらおうと、妊婦帯(ストレッチの効いた腹巻みたいなもの)
を穿いてもらい、そこに4キロのお米袋を入れてしばらく動いてもらいました。
 感想は「重い…」そして「冷たい…」冷蔵庫で冷やされたお米がおなかを冷やし、
治りつつある腰痛に刺激を与えてしまいましたとさ。

 胎動の感覚、4人産んでる私の母に言わせると「口のなかでほっぺたに向かって
舌をとがらせ、ムニムニ動かしてるのを、頬の外からさわる感じ」だそうです。
中も外も確かにそんな感触。ぜひムニムニやってみてください。

原田睦子の過去のコラム一覧

2901 2011.02.13 親のエゴ
2900 2011.02.09 出産前夜
2899 2011.02.07 ネーミング
0376 2001.03.26 松尾スズキと安藤温子
0375 2001.03.15 使い方2
NO
年月日
名前
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
5181 2021.10.10 山本 絵理香 知る
  • 年  月から   年  月まで