リレーコラムについて

老いて益々盛ん!

篠原誠

血圧があがる。尿酸値があがる。
若い女の子の前で妙にあがる。
頭の毛が薄くなる。
まゆ毛の中に伸び続ける輩がいる。
ちん毛にもいる。
頭が固くなる。体が硬くなる。
朝、硬くならない日がある。
今回、「老化」をテーマに書き進めてきましたが、
書き出すときりがないほどの、私に起きる老化現象。
もうこれは、どう考えても美しい方向ではなく、醜い方向へ。
喜ばしい方向ではなく、悲しい方向へ進んでいるような気がしてならない。
もう数年もすれば、耳毛をはやして、その耳毛に火をつけて、
「ジャングルファイヤー!ザ・ファイナル!!」
なんて叫びながら、忘年会などで
ひんしゅくをかっていそうな気がする今日この頃。

では、私たちのクリエーティブという仕事に
この老化は影響するのだろうかとふと思う。
確かにどんどん歳をとって、企画をしなくなる人はいる。
しかし、クリエーティブに老化現象があるのだろうか。

私は、ないと思う。

これは自信をもって言える。
事実、自分でいうのもなんですが、今、私は歴代私の中で
1番おもしろいです。はい。
私史上、クリエーティブ力まっさかりであります。
きっと、クリエーティブというのは、使えば使うほど、
強力になるのだと思うのです。
逆に、体力のように、休憩したからとか、
インターバルをとったからといって、
クリエーティブ力は回復しないのです。
よくアウトプットばかりしてちゃダメよ、インプットしないと、
なんて言われます。これはもちろん一理あるのですが、
アウトプットをやめてインプットしてはいけないのです。
出し続けることによって、脳が鍛えられるからです。
どこかの本で、脳は疲れないと書いてありました。その通りです。
脳は、使えば使うほど、強くなるのだと思うのです。
つまり、走り続ければ続けるほど強くなる。
なんだかマラソンに似ていますが、問題は、いかに
走りつづけられるか、いかに生み出し続け、
創造しつづけられるかが1番大事であって、
それさえ、実行できれば、クリエーティブという能力は、
絶対に老化しないはずなのです。

でも、どこかで、「もういいか。」とか、
「もう俺も現場じゃないしな。」
なんて思った瞬間、初めてクリエーティブ力が老化のようなものを
しはじめるのではないでしょうか。
事実、私が大好きで尊敬するおっさんとか、じいさんとか、
もうろくじじいとか、全員、クリエーティブ力においてだけは、
老化しておりません!
(たまに、そろそろ老化しろよ!と思うくらいに)

澤本さんとかも、私が言うのもなんですが、
今、1番おもしろい気がするし、恐ろしいことに
まだまだおもしろくなりそうだし
(そろそろ譲ってもいいとおおいますよ。待ってます。)
福里さんとかも、一体どんなにたくさんおもろいもん創れば、
フロリダとかに隠居して、余生を過ごす気になるのだろうと思いますし、
(ちょっとは大学の後輩としてかわいがってください。)
さらに、その上の人たちなんてことになると、
忘れた頃に、もう妖怪ばりにおもろいもん創っては、
世の中をざわつかせたりしたりしております。
(もう、コピー書いたりしちゃイヤ!)
そう、クリエーティブ力だけは、もう妖怪の妖力のように
歳をとればとるほど、老化どころか強力になってくるような
そんな気さえしてしまいます。
だから、私もたとえ、鼻毛に多少の白髪が混じってこようとも、
クリエーティブ力だけは老化しないように、
使い続けようと思っているわけです。そして、
「あのおっさん、創るもんだけは青臭いんだよな。」
と野次られるようになりたいと思っています。

ただ、ただしですね。宝くじなどが当たったり、
またはですね、「この3億円で君の夢である奨学金をつくりなさい」
なんて言われたり、それから、最近はじめた僕のブログが書籍化されて
印税生活に入ったり、そんなことが起きたときは、
クリエーティブ力をかなぐり捨てて、
すべての財力を「ストップ!老化!ダメ絶対!」のかけ声のもと、
自分の肉体に大枚を投じたいと思っております。
はい、確率低いですが。

さてさて、老化の話もこの辺で、
このコラムをもちまして、
2010年のリレーコラムは終了いたします。パチパチパチ…。
1月11日の週かな、からは、誰かにリレーされます。
誰にリレーされるかは、私もわかりません。
まだ、打診しておりません!
老化していない僕の好きなおじさんかもしれないし、
老化とはほど遠い若者かもしれないし、
まあ、どちらにしても、僕が好きな人に
バトンを渡したいと思いますので、お楽しみに。
では、みなさま、月並みではございますが、
よいお年を。(積み重ねましょう)

  • 年  月から   年  月まで