リレーコラムについて

世界はそれを、奇跡と呼ぶんだぜ。

平石洋介

〜前回の続き〜

その時のことは、
はっきりとは覚えていない。

ここで失敗したら、
東京のスタッフの不眠不休の努力が、泡of水。

でも英語力のなさは、
情熱やパッションでどうなるものでもないし、
自信過剰の欧米人みたいにペラペラとプレゼンすることは、最初から無理。

とにかく、思いつく単語を、1つ1つ、
文章じゃなくてもいいから、言うしかない。

前に立つ。22の瞳が見つめる中、
全力で落ちついてるふりをして、ビジュアル案の説明を始めた。
(○○は、クライアントの名前。)

 「このデザインに。
  3つの意味。

  1つ目、太陽と月。
  いつも、地球のどこかで。
  太陽は輝く。 月は照らす。

  ○○は、そこにある。

  それは、昼と夜。
  彼らは、生きる。○○と一緒に。
  自分らしく。

  2つ目、関係。
  ○○と、人々。つながっている。

  3つ目、融合。
  世界中の○○が、1つになる。

  このデザインを見る。
  その時、この物語、その想いを。
  いつも。
  すべての人々が、感じる。」

…アマゾネス軍団、完全に沈黙。

それはそうだろう。
小学1年生でも、もっと上手に話すだろう。

沈黙が息苦しい。営業にフォローを求める、涙目の私。

やがてS女史が、口を開いた。

 「とても、とても素敵な物語だわ。」(直訳)

常に意見がバラバラのアマゾネス軍団も、
これについては激しく同意する。
「ラブリ〜」 「エレガ〜ント」 みたいな。

ポツポツな語りが、ポエムな語りに思えたようです。

その後、延々と2時間は続いたディスカッションでも
何度となくこの「太陽と月のポエム」が話題にでました。

いいものをつくれば、
誰が言おうと、どう言おうと、幼稚園レベルで言おうと、
相手に伝わるんですね。

僕らの仕事の原点を見た思いです。
東京のスタッフのみんな、本当にリアリーにありがとう。

帰りの飛行機からまた、外を見る。

広がる夜景のアメリカよ、ああアメリカよ。
昨日の今頃は、まだプレゼンの準備をしていたね。

東京のスタッフの頑張りを、台無しにしなくてホント良かった。
もうすぐ帰るよ、NYのアパートに。 そして寝よう。

結果なんてもう、気にしないさ。

でも結果は? 知りたいですか?

  • 年  月から   年  月まで