リレーコラムについて

週のまんなかに広告の話

坂本陽児

あまり広告に関係ない話が続いたので、
ここらへんで広告の話をひとつ。

プロとしていかがなものかと思うのですが、
僕は結構、発信されたメッセージを真に受けやすいタイプです。

子供のころは、学校の周りで信者のおばさんが配ってた
布教活動の小冊子(地獄の様子が書いてある)を真に受けて眠れなくなったり、
お菓子の「もろこし村」は村民証がないと買えない、という
デマを信じて買わなかったりしていました。

そんな僕の言うことだから、他の人はどうか
分からないのですが、FOGBARのCMは素直に
かなり素晴らしいな、と思っています。

だって朝、自分が使っていて気持ちいい。

使ってる時はあのCMソングが脳裏に流れ、
気分はちょっと英国風のお洒落さんです。

だってそれまで、めんどくさいと思って
いやいやムースを頭でこねていたのに、今や

♪ダダダンダンダンダンダンダン・・シュッ!

ですからね。

大げさにいえば、CMのイメージによって
日常の小さな面倒が、幸せに変わったということで。

オンエア量もソフトバンクほど大量ではないでしょうから、
比較的限られたタッチポイントでここまでブランディングした
力量は本当に、感嘆するしかないと思います。

僕が言ってどうなるものではないですが、素晴らしい。

ちなみにもうひとつ、ほっかほっか亭の存在を
完全に塗り替えた「ほっともっと」の定着ぶりも、
ブランドリニューアルの成功例としてもっと
褒められてよいのではと思っています。

だって普通に道を教えるとき、あの看板を見て
「ほっともっとの角を左に・・・」とか僕も言ってしまうし、
言われている相手にもちゃんと通じてますからね。

これも僕が言ってどうなるものではないですが、素晴らしい。

APPLEとかNIKEとか、
いろいろ海外の事例はほめそやされますが、
こうした国内の事例にももっと
光があてられるといいな、と思っています。

だってそうしないと、自分の仕事にも張り合いがないからね・・。

ということで、久々の雨降る午前中に
広告について考えてみました。

この雨が農家さんにとって災厄でなく、恵みの雨となりますように。

NO
年月日
名前
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
  • 年  月から   年  月まで