リレーコラムについて

キムです。

キムソクウォン

はじめまして。「豆しば」の作者の
キムソクウォンと申します。

ただ今、「豆しば」3冊目の絵本の
入稿直前でございまして、
かなりバタバタしております。
このバトンも断ろうかとも思いましたが
せっかくなので、言いたいことを言って
ダッシュで逃げようと思います。

えっ、「豆しば」をご存知ない?
そんな方はこちらをどうぞ。
http://dogatch.jp/anime_kids/mameshiba/

豆しばって何のCM?ってよく聞かれるのですが、
豆しばは、「豆しば」というコンテンツのCMです。

昨今、このご時世ですから、
広告でなかなか儲からないじゃないですか。
そこで、社内インフラを有効活用してビジネスできないか。
ということで、社内コンペが行われ、
僕たちが企画した「豆しば」が採用されました。

「豆しば」は基本、僕と渡部祥子さん(電通東日本)
の仲良し二人組で楽しく作っています。

すでに豆しばのグッズは500種類以上発売され、
僕達が書いた2冊の絵本は30万部を突破しました。
さまざまなキャンペーンにも採用されるなど、
会社に多大な貢献をしているはずなのですが、
いまいち評価されないんですよね…。なぜ…。

そういえば、日経新聞や、テレビの情報番組、週刊誌など、
さまざまなメディアから、「豆しば」への取材が来ましたが、
広告関係だけは一切来てないです…。どうして…。

そして、今、僕は電通から出向で
電通クリエーティブ?の新事業開発部というところにいます。

新事業開発部では、バリバリ広告を作るというよりも、
広告に付随したり、しなかったりの
新しい仕組みや、新しいコンテンツを作ってます

なので、最近は一歩離れて「広告」が見れるようになりました。

そして、離れてみてわかったんですが、
広告の世界って、本当に窮屈だなぁと。

まぁ、広告主から依頼があって制作している以上、
仕方がないことですし、その制約の中で
チャレンジするところが、広告の面白いとこでもある
とは思うのですが、でも、どうですか?
皆さま、楽しくお仕事されてますでしょうか?
才能を存分に発揮してらっしゃいますでしょうか?

まぁ、このご時世ですから、色々難しいですよねぇ。

コピーライターの仕事は、文章で、企画で、
人の心を動かすこと、人を動かすこと。

そして、「広告は邪魔もの」という
厳しい世界で研ぎ澄まされたそのセンスは、
どんな分野でも通用すると思うんですよ。

むしろ、こんな時代だからこそ、様々なところで
強い「人を動かす力」が求められてると思います。

従来の広告という枠に囚われ、その才能を腐らせるのは
非常にもったいないと思うのですよ。

僕の場合、そのはけ口がキャラクターなのですが、
たぶん、もっともっとコピーライターが活躍できる場は
たくさんあると思います。

いつまでも、商品があって、ビジュアルがあって、
それにキャッチコピーを書くことを
ありがたがっている場合じゃないですよ、たぶん…。

とにかく、僕が言いたかったのは、

一緒にもっともっと新しい挑戦をしましょうよ。
そして、「コピーライター」を盛り上げていきましょうよ。
コピーライターってそこまでできるんだ!ってくらい。

でも、やっぱり、それが広告じゃないと、
「コピーライター」じゃないんでしょうか。

ということで、「豆しば」でTCC新人賞がいただけた時、
おっ、さすがTCCと思ったのですよ。わかってらっしゃる。

えっ、お前にそんなこと言われたくない?ウザい?

す、すいません。生意気なことをだらだら書いてしまいまして。

以上、僕の弟子の道明寺に書けと言われたことを書きました。

僕は、全然、そんなこと思ってないんですけどね…。
本当に若いって恐ろしい…。

道明寺の詳しい情報はこちらへ。
http://ameblo.jp/kimnabe/entry-10463513371.html

コピーライターブームって、もう来ないのかなぁ…。

NO
年月日
名前
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
  • 年  月から   年  月まで