リレーコラムについて

ヘンなおじさん(少年期)

尾崎敬久

みなさん、こんにちは。
電通中部支社の尾崎です。
いま39歳で、今年の6月には40歳。
もう立派なおじさんですが、どこかヘン。

そうです、私がヘンなおじさんです。

ヘンなおじさんは、ヘンな少年期を送っていました。

僕が小学生の頃、尾崎家の暖房器具と言えばもっぱら石油ストーブでした。
アミ状のドーム型。
あの赤い明かりが好きで、よく一人で眺めていました。

「あのアミに触るとどうなるのだろう」

火傷するに決まっています。
でも僕は、それは頭では解るけれど、カラダでは知らない。
人差し指で触ってみました。
火傷しました。指紋の部分には、網焼きステーキみたいな格子状の跡が付きました。
熱いは、痛いだ。
僕は、ひとつ、カラダで知識を増やしました。

ほかにも色々ためしました。

Q「カッターナイフで指先を切り始めたら、どの深さで血は出るの?」
A「0.5ミリほどの深さで激痛が走り、血が出ました」

Q「鼻から入れたスパゲティは口から出せるの?」
A「一本ゆっくり挿入し、ノドに感触を感じたら咳をする。これで出せます」

Q「掃除機のノズルを鼻にあてた状態で鼻呼吸はできる?」
A「息が吸えないどころか、すべての鼻水が物凄い勢いで吸引されます」

Q「ドブの水は臭いけど、味はあるのかな?」
A「一滴舐めた限りでは、味はしません」

Q「噛み終えてゴミ箱に捨てた昨日のガム。ひょっとして味が復活してないかな?」
A「復活してる気がします!でもたぶんそれは香料の働きです」

僕は、好奇心は向上心だと思います。
この先にある何かを知りたいという欲求が、
もっと素敵なアイデアを生み出したい、
という今のシゴトに生きていると思います。
・・・と信じたい。

先日、家でアロンアルファを使っているとき、
つい懐かしくなり、人差し指に少量たらして親指とくっつけました。
どうなるのかは子どもの頃に経験済みですが、
やってみたい気持ちを抑えることができませんでした。
引っ張るとビヨーンと伸びる、指先の皮。
これもう取れないんじゃね?的な、ちょっとした焦り。
力を込めて剥がす、勇気。
気持ちいい。

あの、僕、ヘンですか。
そうです、私がヘンなおじさんです。

だっふんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            せっかくだから広告します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CCN(コピーライターズクラブ名古屋)では
2009CCN年鑑を好評発売中です。
好奇心旺盛な面々が丹精込めてつくりあげた貴重な一冊。
もし興味をお持ちになったらWEBから購入可能です。
オールカラーで一冊1500円(送料290円/冊)
お仕事の参考に、あるいはお仕事の息抜きに、いかがですか。
www.ccn.gr.jp

NO
年月日
名前
5188 2021.10.25 中川真仁 わたしが死んだら、わたしを探してください。
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
  • 年  月から   年  月まで