リレーコラムについて

飴ちゃんとお芋さん

磯部康人

ぼくは昨年の春、
東京から関西に転勤してきました。

早いもので一年半がたちましたが、
その中で、関西ならではの生活習慣や言葉の使い方に
たくさん出会いました。

飴を「飴ちゃん」、芋を「お芋さん」と呼ぶのも
そのひとつです。

スーパーやレストランのレジには、よく飴が積んであり、
タダでもらうことができます。
そのこと自体もちょっと驚きだったのですが、
店員さんは「飴ちゃん、どうぞ」と、
飴を「ちゃんづけ」で呼ぶのです。

その理由はわかりませんが、
「飴ちゃん、どうぞ」と言われると、
何でもない飴がかわいく思え、
うれしさが増すから不思議なものです。

芋も、なぜか「お芋さん」です。
「さん」という敬称がつくことによって、
「たしかに芋は、日本人をながく支えてきた野菜だし、
栄養もたっぷりでエライよな」などと、
芋の偉大さを再認識してしまったりします。

きょうはこのあと、
コピーの修正や、競合プレの企画をしなければなりません。
でも、「直し」や「競合」などという、
ぞんざいな呼び方はやめようと思います。

「修正ちゃん」。「競合ちゃん」。
お、なんか楽しく思えてきたぞ。

  • 年  月から   年  月まで