リレーコラムについて

三軒茶屋デザイナー会議

細田高広

あまりに私事で恐縮なのだけど、
昨日、三茶飲みが開かれた。

三軒茶屋住まいの若手制作が周りに多く、
タクシー代とか色々うるさいご時世だから
近所同士で飲もうじゃないか、
と前々から話していたのである。

赤坂駅からの終電に6人で飛び乗り、
小道沿いの居酒屋に滑り込んで、
ビールを注文し、顔を上げてあることに気付いた。

僕以外、全員デザイナー。

基本、下らない話をしているのだけど、
ときどき、デザインの話になると場が熱くなる。
やんちゃな風情のお兄ちゃんお姉ちゃんが、職人に見えてくる。
僕は、その感じがたまらなく好きで、
生まれ変わったら美大に行きたいなと、
単純にも思ったりするのだ。

と、まぁ完全に油断しながら
ほろ酔いになっていたそのとき、
ひとりの先輩が切り出した。

「最近のコピーライターってさぁ、」

デザイナーが語るコピーライター論である。
印象に残った発言をいくつか。

●「コピーどんな感じがいい?とか、聞くな。」

お前は何をやりたいんだ?何を面白いと思ってるんだ?
それを聞きたいのだ、といいます。

●「コピーが良ければ体裁はどうでもいい、とか思うな。」

これは会議時の話。
汚い字のまま出したり、一枚の紙にコピーを羅列したり、
読んでもらうための礼儀はどんなときでも持っていろよ、という話。

●「TCC要らない、とか言うな。」

賞なんか要らないもんね、とスカすのも
そんなの古いぜ、と言うのも簡単。
キラキラしようとする奴より、
ギラギラしてる奴と仕事がしたい、と先輩たちは言う。
この話がデザイナーから出て来るのは、面白かった。

別にAD/デザイナーに好かれる
コピーライターになりましょう、
という話ではありません。

普段は、あまりこういう話はしないけれど
実にADはコピーライターのことを
よく見てる。よく考えてる。

だからこそ、
ADと打ち合わせするときの、
協同しながら勝負している、
あの感覚が生まれてくるのでしょう。

コピーライターは、ADに育てられる。
改めて実感した三茶の夜。

NO
年月日
名前
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
  • 年  月から   年  月まで