リレーコラムについて

僕たちの好きだった広告

原智史

「広告批評」が休刊する、
というニュースを聞いたのはたぶん去年のいまごろだった。

「僕たちの好きだった広告」がいま、終わろうとしている。

そこには、文学があった、美学があった、
エンターテイメントがあって、インテリジェンスがあった。
クールがあって、キュートがあって、
センチメンタルがあって、チャーミングあった。

そして、あなたがいて、僕がいた。

資本主義の生んだ巨大で不思議なパトロンシステムが咲かせた
大輪の花に、僕たちはいつも驚き、歓び、憧れた。

変化の時代といわれるけれど、かつて、
変化の時代じゃなかった時代がどこにあったろう。

今日、書店で最後の広告批評を見た。

僕たちの好きだった広告を、僕たちは好きだった。

青山ブックセンターのエスカレーターを昇りきる。
4月の緑が午後の光を揺らし、まるで真夏のようだ。

***************

博報堂の原智史です。

2008年、東京メトロの80周年シリーズで
新人賞をいただきました。
どうぞ、よろしくお願いします。

SATOSHI.HARA@hakuhodo.co.jp

NO
年月日
名前
5364 2022.09.17 宮坂和里 アイデアは自分の分身か否か
5363 2022.09.16 宮坂和里 素ってなんでしょう
5362 2022.09.14 宮坂和里 運動部不信仰
5361 2022.09.12 宮坂和里 視野が狭い
5360 2022.09.09 河内大輝 はじめて感謝したCM
  • 年  月から   年  月まで