リレーコラムについて

京都のころ

原智史

大人になってからだが、
2年間ほど、京都に住んだことがある。
それまで、関東にしか住んだことがなかったので、
街中から山が見えることに感動した。

とりわけ川沿いの雰囲気を気にいった。
鴨川を三条から上流へと散歩する。
歩き疲れても佇まい美しい喫茶店がすぐに見つかるのが
この街の良いところだ。

良い喫茶店では、ただぼうっとしていても、
思索に耽っているように見えるところがよい。

京都出身の当時の上司は冗談で、
「京都人は最寄りの駅に行くまでに2回お茶をする」
と言っていた。

薄曇りの冬の日に、背中を丸めて川沿いを歩く。
雪の上に、足跡が上流へと伸びていく。

世界はとても静かで優しかった。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで