リレーコラムについて

「うみ」のはなし。

西尾ヒロユキ

横浜新道から横浜横須賀道路を南下し、
阿部倉山を越えて葉山町に入ると、風は突然吹きはじめる。
車の窓は閉まっているが、
山の木々がざわざわと音を立てているのがわかる。
今週コラムを担当させていただきます、
08年入会、東急エージェンシーの西尾ヒロユキです。
コピーライターですが、ヨットマンでもあります。
艇は、ヤマハ30(スカンピ)。
30年経った今も現役の名艇です。
その昔、
欧州「ハーフトンレース」に参加するや優勝をさらい、
71年米国のSORCに出場、参加最小でありながら、
強烈な上り強風の中、
大型クラスの各艇を抜き去る快挙。
強風のスカンピとして名声をあげました。
しかし今ではマリーナのレースに出ると、
いつもビリか、ブービーか、時間切れ失格。
最近のヨットは軽量化され、
我が老艇は抜き去られてばかりです。
そんな老艇にも、武器はあります。
それは吹いても腰が強く、
直進性に優れていることです。
最新のヨットは波に乗りますが、スカンピは波を切ります。
強風が吹くたびに、
武器を持つことの大切さを老艇は教えてくれます。
武器を持つことは、戦う力を持つことです。
一撃必殺の武器もあれば、
じんわりと知らず知らずのうちに効いてくる武器もある。
武器を持った仲間を集められる力も、また武器だと言えます。
武器を持っていれば、戦わずに勝つこともできます。
戦わずに勝つことは、最高の戦い方であり、勝ち方だと僕は思う。

岩崎俊一事務所の米田さんからバトンを渡されたので、
この一週間じぶんの武器はなんだろう、あの人の武器はなんだろう、
と考えながらがんばって走ります。

  • 年  月から   年  月まで