リレーコラムについて

アダルトカンヌ

杉山元規

今年の夏。
カンヌ・ヤングライオン・コンペティション(通称ヤングカンヌ)のフィルム部門に、日本代表として出場した。現地でお題を与えられ、48時間以内に企画・撮影・編集をしてフィルムを提出。各国の予選を勝ち抜いた27カ国の代表と競い合った。いつもと違う条件はたくさんあるが、「アイデアを考える」という意味では、普段やっている仕事と同じだ。だからこそ、一番になりたかった。

結果は、敗北。

帰国した日。
家に帰ると、ふと台所の卓上カレンダーに目がとまった。

「なまけると こころが むなしい
 一所懸命に なると自分 の非力が よくわかる」

「相田みつを」の詩が書かれていた。
ずっとそこにあったはずなのに、初めて見た気がした。

失敗したことと、なまけなかったことが、今回の収穫だ。
今、25歳。
28歳以下が対象のこのコンペには、あと3回挑戦できる。

「カンヌなんて」
そう言って笑う人がつくっている広告は、たいてい、人の心に向かおうとしていない。

悲しい都合に追われても、妥協したり諦めたりしない。
悩んで苦しんで闘って。
人の心を動かすために、日々、アイデアを考え続ける。
それが、広告をつくる人間の使命だと教わってきた。

今の僕があるのは、小田桐さんのおかげ。
本当に幸せな環境にいさせてもらっている。

入社して1年が過ぎたころ、松尾さんからメールをいただいた。
「いいものをつくるためには、まず、素晴らしい人間になることです」
人間力に乏しい僕には、重い一行だった。

広告という仕事は、僕自身を育て、幸せにしてくれる。
10年後も、幸せな顔で広告をつくっていたい。

僕の人生には、この仕事が必要だ。

11月13日(木) 27:52

NO
年月日
名前
5366 2022.10.06 アボット・マーク・シュン 人は、頑張ってる人が好き。
5365 2022.10.05 アボット・マーク・シュン リアル趣味のすゝめ
5364 2022.09.17 宮坂和里 アイデアは自分の分身か否か
5363 2022.09.16 宮坂和里 素ってなんでしょう
5362 2022.09.14 宮坂和里 運動部不信仰
  • 年  月から   年  月まで