リレーコラムについて

15才で見つけた。

川辺京

15才のときに、和田誠さんの『花とひみつ』(話は星新一さん)
という絵本を購入した。
まだ和田さんがイラストレーターとして有名になる前だったと思う。

後で和田さんの『銀座界隈ドキドキの日々』という著作を読んで、
この『花とひみつ』は和田さんがライトパブリシティの頃に、
初めて出された自費出版だと知った。
今でも引き出しの奥にある。始まりの予感の宝もの。

父親が広告代理店をやっている友だちがいて、
私がその友だちに出した年賀状を「センスがある」と
誉めてくれたと聞き、
以来、彼女に出す賀状は人三倍くらい凝って作った。
これも15才のときだった。

広告やアートとは無縁の家に育った私が
大人になって広告の世界に足をふみいれたのは
直接話したことはほとんどない、この友人の父親の
ひと言に後押しされた気がしている。

その後、センスをほめられたのは、いつだったろう。

さるCFプランナーと、仕事をしていた頃、
銀座のシチリア(なつかしのイタリアン)で、
テーブルのコップの氷をながめつつ
「氷をテーマに何か考えてごらん」と言われたので
「考えている間に溶けてしまう」と反射的に応えたら、
それは私がそれまでに話したことや出したコピーのなかで最高のものと
いたく喜ばれ、かえって驚いた。

その後、たいへんな有名人になったその人と
よく打ち合わせで歩いたその頃の銀座の風景が重なる。

今の住まいの近くにデザインスクールがあって、
イラスト科という文字を見ると未だ心がちらっと反応する。
ときどきこっそりと仕事の制作物のなかに
下手へたイラストを描いている私。

NO
年月日
名前
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
  • 年  月から   年  月まで