リレーコラムについて

まだ滞在してます。

川辺京

「あの人は今…」のファイルに属する川辺です。
初めまして。こんにちは。ごぶさたしています。

鈴木康之さんからバトンを渡されたのは
この夏に鈴木さんが出された日経ビジネス文庫の
『名作コピーに学ぶ 読ませる文章の書き方』に
私の昔のコピーを載せてくださったので
この画数の少ない名前の残像があったのではないでしょうか。

『名作コピー読本』という、やはり鈴木さん著の、
主にボディコピーの書き方の本の時から
帝国ホテルのコピーを採り上げていただいていました。
「名作」というのは、光栄です。
名作に価するかどうかわからない私のコピーも本のなかでは、
ちゃっかり名作の顔したりしてます。

今度の本はまた少し違う角度から書かれていて
新旧、いろいろなコピーライターの作品が登場します。
とても勉強になります。
文庫版、667とお求めやすいです。

レコード大賞の新人賞だけで
あとはバッタリ消息さえもわからない歌手がいます。
私もその帝国ホテルで新人賞をいただいた後は
TCCの賞にご縁がなく(あ、他のもですが)
今頃はどこかでおかあさんコーラスでもやっているのだろうと
思われているか、それすらも思われていない、か。

実は広告の仕事はずっと続けています。
ありがたいことに
あの1本のおかげだと思います。

本のなかで鈴木さんが
「川辺さんは天才ではありません。」と書かれたくだりを見て、
息子が大笑いしてました。

「…努力型の成功者です。」ともありますが、うーん、単に
“努力しないことに努力している”ような気がします。

作家の村上龍(別に知り合いではありません)が、
ピアノをある程度まで稽古した女は結婚相手にいい、
と書いていました。
“努力する”ことが身に付いているというのです。

バイエルも後半まともに弾けない私は、
だから努力する習慣がないのだと納得しました。
中学生まで成績がよくて、あとは落ちていったパターン。

そんなこと自慢しても何にもなりません。
『名作コピー…』の本に載っても、ほかに名作が書けたのか、と
おしかりを受けそうです。

NO
年月日
名前
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
  • 年  月から   年  月まで