リレーコラムについて

適切な罵り文句

皇甫相太

尊敬する西田先輩からの熱いバトンを受け取り、手がずる剥けになってしまいそうです。
が、その熱いバトン、しっかり握り締めつつも、思いつくままに、ゆるーいカンジで書いていこうかと。

先日、タクシーに乗っていた時のこと。
目の前の信号が赤から青に変わって、さあ進もうかと車が動き始めた瞬間、
右の方から、一人の男性が自転車で飛び出してきた。
完全な信号無視である。
慌てて急ブレーキを踏み、クラクションを鳴らすドライバー。
にもかかわらず、自転車の男性は、こちらを振り向きもせず、平然と走り去ってしまった。
怒りのおさまらないドライバーは、大きな舌打ちをした後、吐き捨てるように言った。
「ジジィがっ!」

驚いたのは、そのドライバーの口の悪さや、客を無視した態度などではない。
大阪でタクシーに乗っていれば、そんなことは、日常茶飯事だ。
ボクが驚いたのは、「ジジィがっ!」と言い放ったドライバーが、
「ジジィがっ!」と言われた自転車の男性より、明らかに「ジジィ」だったことである。
確かに、自転車の男性は、「ジジィ」ではあった。
ただ、「ジジィ」と罵倒する人間が、それより「ジジィ」であったために、
その呼称に違和感が生じてしまった・・・
そして、その違和感に、ボクは心の中でつっこんだ。
「お前の方が、ジジィのくせにっ!」

元来、ボクも口が悪い。気も短い。
「ええ加減にせえよ、オッサン!」
「この、ハゲがっ!」
などと、口走ることも多々ある。
しかし、忘れてはいけない。
ボク自身も、もう立派に「オッサン」である。生え際も、徐々に上がってきている。
自分だって、「オッサンのくせに」「ハゲのくせに」と心の中でツッコミを入れられる日は、そう遠くない。
口の悪さと気の短さは、きっと、治らないだろうから、
今のうちに、自分とは被らない、適切な罵り文句を用意しておかなくては。

NO
年月日
名前
5409 2022.12.09 辻中輝 明日はパラダイス
5408 2022.12.08 辻中輝 ギャンブラーになった日
5407 2022.12.07 辻中輝 ハイボールひとつ
5406 2022.12.03 春田凪彩 人生を変えてくれたコピー。
5405 2022.12.02 春田凪彩 人生を変えてくれたジャスティン。
  • 年  月から   年  月まで