リレーコラムについて

てにをは

西田新吾

「面白きこともなき世を
おもしろく」

ご存知、高杉晋作の死の前年の辞世の句と言われている。
でも、本当は、

「面白きこともなき世に
おもしろく」

というのが、正しい句らしい。

“てにをは”が変わるだけで、
見たこともない高杉の印象が少し変わるのが不思議だ。

そう、言葉ってやっぱり強いもんなんだな、
って改めて感じられる気がする。

本音を言うと、
僕はここ数年、少しコピーをさぼってた。
でも、このリレーが、なにか良いものを運んできてくれたような気がする。

リレーを繋いでくれた松本君。ありがとう。とても感謝します。
この気持ちが、コラムのリレーとともに、
この先に繋がらんことを。

皇甫相太君。今年新人賞をとった気鋭のコピーライター。
さて、リレーするよ。皇甫クン。

  • 年  月から   年  月まで