リレーコラムについて

キューバリーガー

西田新吾

禅問答の風合いが好きだ。
答えはなく、その過程の混沌こそが答えである、
という風合い。

でも、僕が生きている広告の世界じゃ
“答え”至上主義だ。
優劣だったり、勝ち負けだったり、是非だったり。

コピーにしてもプランにしても、
特に最近、なんだか言い切る強さが求められることが
多い気がする。

そして僕は少し、
そこの部分が苦しかったりする。

勝つ気もしないが、
負ける気もしない。

なんかそんなキューバリーガーのような立ち位置が、
やっぱり僕にはあっているような気がする。

  • 年  月から   年  月まで