リレーコラムについて

カレーうどんと私。

塚越康仁

みなさん、こんにちは。電通中部支社ツカコシです。

昨年6月より、ここ名古屋で勤務しております。
早いもので、もうすぐ1年。
それまで、名古屋の味覚に全く無縁だった男が
名古屋のメシについて、今日はお話したいと思います。

名古屋メシと言えばやはり
手羽先・味噌煮込みうどん・ひつまぶしですが、
しかし、私、それ以上にハマッたメニューがございます。

それが「カレーうどん」!
え〜なんでぇ?と言う声が聞こえてきそうですが、
これは名古屋ならではの味覚だと思います。
今まで、私が食べてきたカレーうどんとは、明らかに違います。
なんとも独特のコクがあって旨みが厚い感じ。これにはビックリしました。
私は○奈屋さんより、全然、こっちの方が好みです。

そのコクの秘密、私は、八丁味噌にあるとにらんでいます。

ためしに自宅で、
めんつゆに鶏ガラの素、レトルトのカレールー、
隠し味に八丁味噌・醤油少々で、「カレーうどん」をつくってみたら、
これが結構それっぽくなりましたので。違うかなぁ。

名古屋の味覚に関して、まだ初心者の私としては
八丁味噌に対して、心を開ききれてないのですが、
このカレーうどんの一件で( 使われていることとさせてください、成り行き上 )
たとえカレースープに飲みこまれても、自分の味を完全には捨てず、
カレーうどんのうまさ・完成度に貢献する八丁味噌氏は、
つくづく、エライなぁと思ってしまうのです。

広告制作という仕事は、チームでつくりあげてゆくもの。
チーム全員で、共通の高い目標に向かって突き進むのが理想です。
でも、仕事の内容や、その時々、場合によって、
チームの一員であるコピーライターが
主役になれないことだってたくさんあります。

しかし、
コピーライターとして仕事に関わった以上、
八丁味噌氏のように、
その広告に、どこか自分らしい痕跡を残してゆきたいと思うのです。
それが自分以外、ほんのわずかの人にしか、
気づいてもらえないかもしれなくても。

・・・・仮定のコクの話で、
こんなエラそうなことを書いてしまった。
八丁味噌じゃなかったらどうしよう。

と、いうことで名古屋のカレーうどん、「コクの真実」、
名古屋の皆さん、並びに名古屋メシに詳しい方からの情報をお待ちしています。
(052-263-8349 電通中部支社ツカコシまで)

NO
年月日
名前
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
  • 年  月から   年  月まで