リレーコラムについて

三振は全部フルスイングだった。

村山覚

予告とはちがうタイトルをつけちゃいました。
誰が言った言葉かは、約40行後。

昨日は久々の競合プレゼン。
どうしても負けられないぞと思ったら
自分の胸がどきどきする音がはっきりと聞こえた。
いつもよりちょっと大きく高い声で話しはじめた。
クライアントさんが「おぉ」とか「ふふふ」とか
言ってくれると、どきどきさんは安心したのか、
どこかへ帰っていった。

元来、あがり症↑で口下手↓でパニック上手↑なので
プレゼンに苦手意識があります。言葉を噛んだり、
声が震えたり、伝えるべきことを忘れてしまったり。

 クライアントさんにしてみれば、
 出入りのワカゾーの胸が高鳴ろうが
 知ったこっちゃありません。
 どうすれば商品が売れるか、話題になるか、
 コストパフォーマンスは高いのか、
 クレームはこないか、ライバルをだしぬけるか、
 みんなの気分がよくなるか、
 そのためのアイデアを知りたいだけ。

まばたきの回数が異常に多くて、
鼻毛と耳毛が信じられないほど飛び出てて、
顔に似合わないアニメ声だとしても、
アイデアさえ良ければ、相手(そして世の中!)が
身を乗り出してくれる。ほんと素敵な商売です。
※ビューティー系クライアントは除く?

 プレゼン術は人それぞれ。
 緊張してカミカミなのも「エエとこ」。
 求められているのはアイデア&サービス精神!!

あ、どきどきさん。プライベートタイムの方には
遠慮なくじゃんじゃん出てきて下さい。

さて。しつこく日付ネタですが、
4月5日は、長嶋茂雄がデビューした日です。
(今から49年前!来年で半世紀!!)
結果は金田正一を相手に4打席連続空振り三振。
当時の勝率6割、三振を年に300コ取っていた
豪腕カネやんは試合後にこう言ったとか。

 あの小僧、ものになるかもしれない。
 三振は全部フルスイングだった。

そんな小僧は金田の予想通りものになって
ミスタープロ野球になっていくわけですが、
その因縁のライバルが、ムラヤマミノル。
天覧試合で長嶋に打たれたサヨナラホームランを
亡くなるまでファウルだったと主張していた
もう一人のミスター(タイガース2代目)。

で、話がすっ飛んで21世紀の大阪。
僕はずっと「ミノル!」と呼ばれていました。
縦縞ユニフォーム応援圏では一発で覚えてもらえる
ナイス呼び名でしたが、最初は本当にイヤでした。
イニシャルで見るとSM→MM。たしかに少しばかり
マゾな日々…。でも今ではとても気に入っています。

 3年前の箭内道彦さんのリレーコラムを掘り起こすと
 クリエイティブ姓名判断というのが出てきます。
 それによると「ヤママジック」というのがあるそうです。
 秋山さん、山本さん、山崎さんなど「山」がつく人は
 クリエイティブ!という内容。そびえたつ山々を
 見上げるばかりで天保山(海抜4.53m)なみに低い
 僕ですがこれにはだいぶ勇気づけられました。やっほ〜!

ああ今日も長い。長すぎる。長いくせに内容がない。
小ネタが多すぎる。もっとフルスイングしたい。
そうこうしているうちに次のリレー走者が見えてきました。
ではまた明日。

「胸をノックするのは誰だ?」 作詞作曲:村山山山実

 ♪〜
  おれおれ だーれ? おれだって
   ちょっと待ってね どきどきさん
    いまプレゼント 渡してるとこなんだ
   シチュエーションが 大事だぞ
    甘いセリフも 大事だぞ
     それホントなの? どきどきさん
      大事ってなんなの? どきどきさん
  
  

NO
年月日
名前
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
  • 年  月から   年  月まで