リレーコラムについて

バブルなオンナの言葉

川上直人

とあるイタリア料理屋。隣の席に、彼氏の悪口を言うオンナ。
バブルを経験し、いまだにバブルを捨て切れてないオンナ。あきらかに。
彼氏は、いつも、唐突らしい、夜が。
そして一言。

 『わたしは、ゆっくり、オンナになっていきいたいの!』

う〜ん、このあたりのセリフは、
バブル時代のトレンディドラマを通過していないと言えません。
まだ若造の私は、バブル経験欠如という、
人間としての深みのなさを感じてしまいました。

あ、あと一言、彼氏の情けなさを責めるついでに
 『ほら、わたし、もっと一流の人たち知ってるわけじゃん』
ともおっしゃってました。
その日のワインは、いつもよりも大人の味でした。

さて、今週のコラムは、ふと思い出した言葉をテーマに書いてみました
最近、東京電通に転勤してきた川上直人が担当させていただきました。
乱文失礼いたしました。
来週のコラムは、電通中部の植田正行君が担当します。

NO
年月日
名前
5307 2022.05.25 淺井勇樹 勝敗
5306 2022.05.24 淺井勇樹 偶然
5305 2022.05.23 淺井勇樹 言外
5304 2022.05.20 上島史朗 夏休みの自由研究と哲学対話
5303 2022.05.19 上島史朗 アイデアのパッキング術
  • 年  月から   年  月まで