リレーコラムについて

将来の夢

時松哲哉

コピーライターとして頑張るのはもちろんのこと、お店を持つのもいいなぁ、と考えています。「小さな喫茶店」なんか、いいなぁ、と思います。どういうお店がいいかというと……

・そんなに広くない店内は、常連客でいつもいっぱい。
・注文は「いつものやつね」でOK!
・メニューにのってないものも頼まれれば作る。
・支払いは、もちろんツケ。年末は「そろそろ頼むよ」と催促する。
・いつもカップルで来る客が、たまに一人だと、「あれ、今日はひとり?」と聞く。
・なにか悩んでいるお客さんには、あえて何も聞かずに、黙って下を向いてコップをキュッキュッとふく。
・正月やクリスマスなど、イベントのときには、約束してないのに、常連客がチラホラと集まってくる。
・時々、個人的な都合で休んだり早々と閉店したりする。
そして、いずれは、フランチャイズ制を導入して、全国的にチェーン展開するのが夢です。

PS.昨日は会社を休んでしまい、コラムを1回とばしてしまいました。ごめんなさい。

NO
年月日
名前
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
4988 2020.10.20 神戸海知代 ぐいパンは、愛にあふれてる。
4987 2020.10.19 神戸海知代 世界は、メッセージにあふれてる。
  • 年  月から   年  月まで