リレーコラムについて

「え?さっきまで笑ってたじゃん!!!!!」

木村

これは20年前、中学生の頃の話です。
当時渋谷にあったライブハウス「屋根裏」で
日本のハードコアパンク(見かけなくなりましたね)のイベントがあり、
入り口の階段付近で待っていたときのことです。

インディーズでは有名だったとあるグループのボーカル(片手がない、とってもコワイ方でした)が
後輩らしき人と話をしていました。
そのボーカルは「よお、久しぶり。どうしてんの。」という感じでドラムのスティックを相手にコンコンと当てながら
ニコヤカに話していました。が、しばらくして何を思ったのか突然
「あれ、なんかムカついてきたな、、、。」と言うなり
バキ!!ドス!グシャ!グシャ!と相手を殴打し始めたのです。
「いいかげんにしろよ!!」と怒鳴りながら繰り出されるリズミカルな暴力は、
相手が鼻血を出し謝っても続きました。

何が「いいかげんにしろ!」だったのか、さっぱりわからないまま、、。

その「理不尽さ」に、中学生の私は恐怖を感じながらも「かっこえ〜」と感動。
意味がないことがカッコいいという、ありがちなアオい妄想に支配されることになるのです。

あれから20年。
あの頃憧れた「理不尽」という概念は
今では「理不尽なオーダー」に応えるという日常業務として
慣れ親しむものへと変化していきました。

大人になったちゅうやつですね。中学生の自分と比較して大人もくそもないけど。

ところで、あの頃の日本のパンク系のレーベルで最もアツかったものの一つが
「ADKレコード」。

そんなこともあって
「ADKとしての提案をどう位置づけるか。」
「ADKの戦略はクライアントに刺さるのか。」といったフレーズを社内で聞くたびに
今でもつい拳を振り上げてしまうのです。  うそ

NO
年月日
名前
5669 2024.02.20 佐藤雄介 上田さんについて
5668 2024.02.09 堀田さくら 最後かもしれないだろ
5667 2024.02.07 堀田さくら 外資系の人事って、こんな感じかなぁ
5666 2024.02.06 堀田さくら ゲームをしたいのか、仕事をしたくないのか。
5665 2024.02.05 佐藤一貴 神宮外野指定席C
  • 年  月から   年  月まで