リレーコラムについて

「戦い済んで、その後に」黒須田先生の話

加藤忠生

江上さんから、タスキを受け継ぎ、いざ。
        ・
 その前にお礼を。
この6月、入会30周年ということで
「TCCベア」の記念品をいただきました。
ありがとうございました。
        ・
同日、表彰を受けた梅本洋一さん、後閑博太郎さんとは、
旭通信社時代(現ADK)で机を並べておりました。
サーティーズ表彰の後に行われた今年TCC会員になった
若い人たちの紹介に拍手しながら、
「思えば遠くに来たものだ、港の汽笛いまいずこ」。
お二人の横顔を見ながら、若かった頃を思い浮かべておりました。
        ・
もう、35〜6年前の話になります。
まあ、まあ、折角、アクセスしたのですから、
年寄りの思い出ばなしとしてお読みください。
黒須田伸次郎氏。中年以上の広告人なら、
この人の名前ぐらいは記憶されているでしょう。
先生ほど多くのコピーライターを育て、
広告を愛した人は、いないと思う。
宣伝会議のコピー講座で受講した方も多いでしょう。
その講座の話は、僕自身、記憶していない。
でも、麻雀好きの先生は、洗足池のご自宅に若かった僕たちを招き、
徹夜で麻雀を打つ。
時には見知らぬオジサンが、後からやって来て仲間に入る。
森永の村瀬です。博報堂の佐藤です、等と紹介されるが、
トンと関係が判らない。肩書きとか、職業とか、
そんなものはどうでもいいのだ。今、麻雀ができれば、それがいい。
式亭三馬の浮世床の風景と似ている。
お侍であろうと、町人であろうと、銭湯に入る時は皆同じ。
麻雀をやる時は全員平等。
始まってしまえば3分で仲良しになれる。
        ・
麻雀の戦い疲れて朝となる。終わると雑談になる。
いろいろな広告の話となる。
先生は、森永時代、博報堂、エージーの時代、
コピー十日会のこと、片岡敏郎氏の話、
大阪のグリコの広告を作った岸本水府氏のこと、等々。
若かった僕はワクワクしながら、先達の広告作法を聞いた。
        ・
「巧いコピーなんて、たいした事じゃあないんだ。
 街中には文章の上手な人はゴロゴロいる、
 上手にコピーを書こうとするから、下手になる。
 コピーライターっていうのは、得意先の話をじっくり聞いて、
 翻訳して買い手に届ける仕事なんだ。
 商品広告というのは、得意先が売れる言葉を持っている。
 それを引き出せるか、どうかだ。」
        ・
「俺がトクホンの仕事をしていた時、
 売上げが頭打ちになって、どうにかしたい、
 いい広告を、ということになった。
 そこで研究所に行って、肩コリについて、いろいろ教えてもらった。
 その時の研究員の言葉。俺は素直に書いたね。
 肩コリというのは、凝ったところだけ貼っても
 効果が少ない。凝ってない肩の方にも貼ると凝りが取れる。
 つまり両肩に貼るといい、ということだ。そのコピーが
 【右の肩が凝ったら、左の肩にもお貼り下さい。】
 売上げは倍になった。トクホンの人も喜んだ。
 なに?広告のスペース。15段なんかじゃないよ。
 突出し。新聞の。数が多かったと思うよ、数年やったから。
 いつの間にか貼り薬は2枚使うのが、買い手の習慣になった。
 広告って、そういうのがいいのだ。
 片岡さんや岸本さんも、そういうこと考えていたようだ。」
        ・
「TCCの新人賞を獲るために、年鑑を熟読しても駄目だよ。
 先輩たちのコピーや切り口をナゾっても、審査する者にとっては
 刺激にならない。そりゃぁ、そうさ、自分が考えていたこと、
 以前考えていたものを出されたって凄いと思わない。
 そんな広告に賞など渡すワケがない。
 アイデアの二番煎じ等、マズくて飲めやしない。
 年鑑を読むのは、自分のアイデアと同じものが
 過去に出ていないかチェックするためにあるのサ。」

次回も思い出ばなし。

NO
年月日
名前
5689 2024.04.12 三島邦彦
5688 2024.04.11 三島邦彦 最近買った古い本
5687 2024.04.10 三島邦彦 「糸井重里と仲畑貴志のコピー展」のこと
5686 2024.04.09 三島邦彦 直史さんのこと
5685 2024.04.06 中村直史 追伸
  • 年  月から   年  月まで